• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

環境

環境理念・方針

JFEグループ各社は、環境理念と環境方針に基づき、「地球環境との調和」と「地球環境の向上」を企業活動の中で実現することを目指し、地球環境保全に向けた革新的な技術開発、国際協力を積極的に推進します。

環境理念

JFEグループは、地球環境の向上を経営の重要課題と位置付け、環境と調和した事業活動を推進することにより、豊かな社会づくりをめざします。

環境方針

  1. すべての事業活動における環境負荷低減
  2. 技術、製品による貢献
  3. 省資源、省エネルギー事業による貢献
  4. 社会とのコミュニケーションの促進
  5. 国際協力の推進

環境マネジメント体制

JFEグループは「グループCSR会議」のもと、JFEホールディングス社長を議長とする「グループ環境委員会」を設置し、環境目標の設定、達成状況のチェック、グループ全体の環境パフォーマンスの向上など、環境に関する諸問題の解決に取り組んでいます。また、それぞれの事業会社・グループ会社でも専門委員会を設置し、企業単位の活動を進めています。

環境マネジメント組織体制

環境マネジメント組織体制

マテリアルフロー

JFEスチールは、製鉄プロセスにおける環境負荷の低減と資源の有効活用を進めています。生産工程で使用する水は93.7%を循環利用しており、鉄鋼スラグなどの副生物は99.7%を資源化しています。生産工程で生成する副生ガスは鋼材加熱用や自家発電用の燃料としているほか、社会に供給するエネルギーとして100%有効に活用しています。

マテリアルフロー

マテリアルフロー

低炭素社会に向けた取組み

鉄鋼業界の取り組み

低炭素社会実行計画(日本鉄鋼連盟)

日本鉄鋼連盟は、3つのエコと革新的製鉄プロセス開発を4本柱とする低炭素社会実行計画を推進しています。JFEスチールも低炭素社会実行計画の目標達成に向けて、積極的な活動を推進しています。

3つのエコ1エコプロセス

最先端技術を最大限に導入することにより、エネルギー効率のさらなる向上を目指します。(2020年度にBAU(成り行き)比で500万t-CO2削減(フェーズⅠ)、2030年度にBAU(成り行き)比で900万t-CO2削減(フェーズⅡ))

3つのエコ2エコプロダクト

低炭素社会の構築に不可欠な高機能鋼材の供給を通じて、最終製品として使用される段階において排出削減に貢献します。(代表的な高機能鋼材により2020年度に約3,400万t-CO2の削減貢献、2030年度に約4,200万t-CO2の削減貢献)

3つのエコ3エコソリューション

エコプロセスで培った世界最高水準の省エネ技術を途上国を中心に移転・普及し、地球規模での削減に貢献します。(2020年度に推定約7,000万t-CO2の削減貢献、2030年度に推定約8,000万t-CO2の削減貢献)

革新的製鉄プロセスの開発(COURSE50)

水素還元、高炉ガスからのCO2分離回収により、CO2を約30%削減。2030年頃までに1号機の実機 化、2050年頃までの普及を目指します。

革新的製鉄プロセスの開発(フェロコークス)

高炉内還元反応の高速化・低温化機能を発揮するフェロコークスおよびその操業プロセスを開発し、省エネルギーと低品位原料利用の拡大を目指します。

フェロコークス

JFEエンジニアリングの取り組み

JFEエンジニアリングは、製鉄と造船で培った技術をベースに「くらしの礎(もと)を創り、担う」企業として、持続可能な社会に向け資源を有効利用する発電プラントの建設および電力サービスを提供しています。

JFEエンジニアリングの取り組み
食品リサイクルへの取組み

【例:食品リサイクルへの取組み】

JFEグループの資源循環ソリューション

JFEグループの資源循環ソリューション

JFEグループは、さまざまなリサイクル事業を展開しています。製鉄所のインフラを活用して廃棄物を大量利用する体制を構築し、使用済みプラスチックを高炉の原料に再利用しているほか、エンジニアリング分野では使用済みプラスチックの選別・保管やごみの固形燃料化など、地域社会に密着したリサイクルを推進しています。廃棄物の種類に合わせた適正なリサイクルを行い、最終処分量を最小化するソリューションを提供することで、循環型社会の形成に貢献しています。

関連リンク

一般社団法人日本鉄鋼連盟サイト 地球温暖化対策ページ

JFEエンジニアリングサイト 製品情報ページ

JFE商事サイト 環境管理ページ

「みどりの小道」環境日記サイト

エコビーイング(ecobeing)サイト

JFEグループCSR報告書 ダウンロード