• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

重要課題(マテリアリティ)

特定したCSR重要課題

環境や社会に関する課題は変化し、複雑化しています。
さまざまなステークホルダーのニーズに対し、JFEグループの資本をどこにどのように投入していくことが、社会に対するマイナスの影響を最小化し、当社グループならではの社会的価値創造の最大化につながるのか。このような観点に立ち、JFEグループが特に重点的に取り組んでいくべきCSR重要課題を特定しました。


特定したJFEグループのCSR重要課題は、以下の表にまとめた5分野・13項目です。
当社グループは、あらゆる事業活動および社会活動において基本となる人権を尊重しながら、公正かつ透明性の高いコーポレートガバナンスを基盤として、これらのCSR重要課題の取り組みを推進していきます。CSR重要課題への取り組みは、「世界最高の技術をもって社会に貢献します。」という企業理念の実践であり、これらを通じてグループの持続的な成長と持続可能な社会の実現への貢献を目指します。

事業活動を通じた「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

持続可能な開発目標(SDGs)

2015年9月に国連サミットで、持続可能な発展のために世界が共有して取り組む17のゴール「持続可能な開発目標(SDGs)」が設定されました。グローバル社会の要請に対し、JFEグループは事業活動を通じた貢献を目指します。

企業理念 常に世界最高の技術をもって社会に貢献します。

重要課題の特定プロセス

STEP1課題の洗い出し

以下の分析に基づき、グループ事業特性も踏まえた「社会からの期待事項」として「CSR関連課題」35項目を網羅的に抽出しました。

  • GR「I サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版(G4)」
  • ISO26000
  • ESGに関する外部評価機関調査票
  • 従業員満足度調査等の社内資料
  • ベンチマーク調査

35の課題

経済
  1. 1.コンプライアンスの徹底
  2. 2.適切な情報開示
  3. 3.コーポレート・ガバナンス
  4. 4.CSRマネジメント
  5. 5.お客様満足
  6. 6.サプライチェーンマネジメント
  7. 7.リスクマネジメント
  8. 8.資源開発の透明性確保
  9. 9.税務マネジメント
  10. 10.財務パフォーマンスの向上
  11. 11.イノベーション管理
  12. 12.良質な商品の提供
  13. 13.情報セキュリティ管理
環境
  1. 14.環境マネジメント
  2. 15.環境投資による財務的恩恵
  3. 16.環境配慮製品
  4. 17.地球温暖化の防止
  5. 18.エネルギー効率の向上
  6. 19.水資源の効率的利用
  7. 20.大気への排出抑制
  8. 21.資源循環の推進
  9. 22.生物多様性の保護
  10. 23.再生可能エネルギーの推進
  11. 24.化学物質の管理・排出抑制
社会
  1. 25.労働安全衛生の確保
  2. 26.ステークホルダー・エンゲージメント
  3. 27.健全な労使関係
  4. 28.人権の尊重
  5. 29.ダイバーシティの推進
  6. 30.公正な評価・報酬
  7. 31.人材の確保と育成
  8. 32.従業員満足の向上
  9. 33.事業活動を通じた社会への貢献
  10. 34.社会貢献活動の推進
  11. 35.ワーク・ライフ・バランスの推進
STEP2優先順位付け〈グループ横断検討会の実施〉

STEP 1で抽出した35項目について、
① 縦軸:ステークホルダーからの期待度
② 横軸:事業との関連性(社会への影響度)
の両軸から優先順位付けを実施しました。

① については、ステークホルダーの意思決定への影響の大きさを分析し、 ②については、グループ横断の検討会を開催して議論を行い、「5分野・13項目」の課題を特定しました。

JFEグループ「CSR重要課題」特定のための検討会
[実施日] 2016年11月29日

各事業会社から部長級社員が集まり、日常業務の経験を踏まえつつ、経営の視点から、各事業会社としておよびグループ全体として、抽出した35項目の優先順位付けを議論しました。

  • JFEグループ「CSR重要課題」特定のための検討会[実施日] 2016年11月29日①
  • JFEグループ「CSR重要課題」特定のための検討会[実施日] 2016年11月29日②
  • JFEグループ「CSR重要課題」特定のための検討会[実施日] 2016年11月29日③
STEP3妥当性の確認

特定した、「5分野・13項目」のCSR重要課題について、以下のプロセスを経て妥当性の確認を行いました。

  • 各事業会社での確認・検討
  • グループCSR会議における2回にわたる検討と承認
  • ※ メンバー:JFEホールディングス社長(議長)、副社長、執行役員、常勤監査役、事業会社社長等
CSR重要課題の5分野
STEP4レビュー

2016年度に特定した「CSR重要課題」について、2017年度以降、以下のレビューを実施するととも に課題への取り組みを進めていきます。

  • グループCSR会議でのレビュー
  • 有識者による第三者意見
JFEグループCSR報告書 ダウンロード