• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

人権基本方針

 

JFEグループは企業行動指針にて人権の尊重を掲げ、社会の人々、従業員を個として尊重し、企業活動において一切の差別を行わない姿勢を明確にしてきました。
グループ各社がこれまで以上に幅広く海外事業を推進していくにあたっては、様々なステークホルダーのニーズに応え、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」等の国際規範を踏まえた企業活動を進めていく必要があります。2018年4月、その基盤となるべき人権の尊重に関し、取組み姿勢をより明確に示すため、グループ各社ならびにその役員および従業員が遵守すべき規範として下記の通り「JFEグループ人権基本方針」を制定しました。 JFEグループは、引き続き持続的な成長と企業価値の向上および持続可能な社会の実現への貢献を目指していきます。

JFEグループ 人権基本方針

1.基本的な人権の尊重

企業活動のあらゆる場面において、個人の多様な価値観を認め、国際規範に則り一人ひとりの人権を尊重・擁護します。


2.差別の撤廃

企業活動において一人ひとりを個として尊重し、人種、国籍、民族、信条、宗教、社会的身分、門地、年齢、性別、性的指向、性自認、障がいの有無等に関する一切の差別を行いません。


3.ハラスメント行為の禁止

性別・地位などを背景にした、相手の尊厳を傷つけ不快感を与える言動等、その他一切のハラスメント行為を行いません。


4.労働における基本的権利の尊重

各国の法令や労働慣行を踏まえつつ、国際規範に則り、常に従業員と誠実かつ積極的な対話を通じて、健全な労使関係の構築と問題解決に努めます。すべての従業員に働きがいのある安全で健康な職場環境の整備を推進します。


5.児童労働、強制労働の禁止

すべての国、地域において一切の児童労働、強制労働を行いません。


6.すべてのステークホルダーへの展開

これらの人権を尊重・擁護する取組みは、全役員・従業員に適用するだけでなく、サプライチェーンをはじめとするすべてのステークホルダーに対しても協力を求め、人権が尊重・擁護される社会の実現に貢献していきます。

JFEグループCSR報告書 ダウンロード