アニュアルレポート2003 財務情報
Home Up Back Next

財務レビュー

JFEホールディングス

 JFEホールディングス(当社)は、2002年9月27日にNKKと川崎製鉄を完全子会社とする持株会社として株式移転により設立されました。従いまして、当社の2003年3月期の連結業績は、NKKおよび川崎製鉄の2002年4月1日から2003年3月31日までの1年間の連結業績に、当社の2002年9月27日から2003年3月31日までの約半年間の単独業績を加えたものとなります。なお、当社設立に際してのNKKと川崎製鉄の株式移転による企業結合の連結手続きには、持分プーリング法を適用しております。

●概況
 当社グループの主要事業である鉄鋼事業においては、国内では建設向けが低迷したものの、自動車向けを中心とした製造業向けが堅調に推移しました。また、輸出については、アジア向けを中心に増加しました。さらに、市況の回復により販売価格も改善しました。
 エンジニアリング事業においては、国内の公共投資および民間設備投資の減少により、競争が一段と激化しており、厳しい受注環境となりました。


●連結業績
 2003年3月期の売上高は2兆4,268億円、営業利益は1,468億円となり、売上高営業利益率は6.1%となりました。また、経常利益は1,046億円となり、売上高経常利益率は4.3%となりました。
 この結果、当期純利益は159億円となりました。


●キャッシュ・フロー
 2003年3月期のキャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フローが2,406億円の収入、投資活動によるキャッシュ・フローが1,268億円の支出となり、これに対し、財務活動によるキャッシュ・フローが1,837億円の支出となったことから、現金及び現金同等物は期首よりも782億円減少し、期末残高が873億円となりました。
 また、2003年3月期末の社債・借入金残高は2兆571億円となりました。


NKK

 NKKの子会社であったナショナル・スチール社は2002年3月に米国連邦破産法第11章の適用を申請し、連結対象会社から除外されましたが、2002年3月期の連結損益計算書には同社の業績が含まれています。2003年3月期の連結損益計算書にはナショナル・スチール社の業績は含まれていませんので、事業や経営の状態をより正確に比較するため、以下の業績比較においては、便宜上、2002年3月期についてナショナル・スチール社の影響を除外した数値を使用しています(この数値は監査対象外です)。

●連結業績
 2003年3月期のNKKの売上高は、前期比1.4%減の1兆3,316億円となりました。この減少は、主に総合エンジニアリング事業において、2002年9月に造船事業をユニバーサル造船(株)に譲渡したことによるものです。
  営業利益は、前期比36.0%増の672億円となりました。鉄鋼事業においてはコスト合理化を予定どおり実行し、輸出を中心とした販売価格上昇の効果もあり、前期比89.8%の増益となりました。総合エンジニアリング事業においては、懸命なコスト削減努力にもかかわらず、事業環境の悪化による影響が大きく、前期比25.5%の減益となりました。売上高営業利益率は、前期の3.7%から1.4ポイント上昇し5.1%となりました。
 営業外損益は、主に金融収支の改善により17億円改善しました。
 経常利益は、営業利益の増加により前期比89.5%増の415億円となり、売上高経常利益率は3.1%と前期の1.6%から1.5ポイント上昇しました。
 これに特別損益の悪化20億円も加えた結果、2003年3月期は当期純損失59億円となり、前期の当期純損失74億円から15億円改善しました。


NKK連結業績

川崎製鉄

●連結業績
 2003年3月期の川崎製鉄の売上高は、前期比8.2%減の1兆1,157億円となりました。この減少の主な要因は、2002年3月に米国の樹脂コンパウンド事業および川鉄リース(株)のリース・割賦事業を譲渡したことによるものです。
 営業利益は、前期比80.0%増の789億円となりました。鉄鋼事業は、販売価格が改善されたことおよびコスト削減に努めた結果、大幅な増益となり、また、LSI・情報通信事業においては、川崎マイクロエレクトロニクス(株)の業績が大幅に改善しました。その結果、売上高営業利益率は前期の3.6%から3.5ポイント上昇し、7.1%となりました。
 営業外損益は、為替差額の悪化はあるものの、持分法による投資損益と金融収支の改善により、32億円改善しました。
 経常利益は、営業利益の大幅な増加により、前期比157.2%増の627億円となり、売上高経常利益率は5.6%と前期の2.0%から3.6ポイント上昇しました。
 特別損益は335億円悪化したものの、当期純利益は、前期比219.4%増の217億円となりました。


川崎製鉄連結業績