コーポレートガバナンスおよびコンプライアンス

[ BackNext]

JFEグループでは、迅速で透明性の高い経営を実践し、全役員・従業員が高い倫理観をもって業務を 遂行すべく、コーポレートガバナンスおよびコンプライアンス体制の強化を図っています。

経営体制・内部統制
JFEグループは、各事業特性に応じ最適な戦略を遂行できる業務執行体制を構築するため、事業分野ごとに会社組織を有する持株会社制度を導入しています。
 持株会社であるJFEホールディングスは、全グループの戦略機能を担い、全グループのリスク管理と対外説明責任を負うスリムなグループ本社としての業務を遂行します。
 経営体制としては、合議による迅速な意思決定を実行するため、持株会社と主要事業会社に「経営会議」を設置しています。また、執行役員制を採用し、経営意思決定と業務執行の分離による明確な権限・責任のもとで、事業ごとの市場動向や顧客ニーズに即した戦略策定や投資判断決定などを迅速に展開する組織構造への転換を図っています。一方、グループ共通の技術開発、IT、環境などの課題については、グループ横断会議体にて審議し、グループ経営による効率化と総合力によるシナジー効果の発揮に努めています。
 内部統制については、持株会社、事業会社ならびに主要グループ各社に内部監査組織を設置し、グループ全体として内部監査を行う仕組みを構築し、監査役とも情報を共有しつつ、業務執行に対するチェック・内部牽制を実施しています。

コンプライアンス体制
JFEグループでは、法令遵守はもとより、全役員・従業員が、良き企業市民として、環境、安全、人権・文化など広範囲にわたる社会とのつながりにおいて、主体的に企業倫理を貫き、積極的に社会貢献に努めることこそがコンプライアンスの基本であると考えています。
 JFEグループは、この基本精神に基づくコンプライアンスを実施していくために、「JFEグループコンプライアンス委員会」を設置し、「JFEグループ企業行動指針」を制定しています。さらに、各事業会社においてコンプライアンスに関わる重要情報が現場から経営トップに直接伝わる制度『企業倫理ホットライン』を導入するなど体制の整備に努めています。

経営体制及びコンプライアンス体制
経営体制及びコンプライアンス体制