特集1:第1次中期経営計画

[ BackNext]

JFEグループは2003年1月、2003年度から2005年度(2003年4月~2006年3月)の3ヵ年を対象とする第1次中期経営計画を発表しました。計画の中では、グループ共通の施策と並んで、各社別施策も策定しました。

グループ共通施策

(1) グループ連結経営の強化
  1. 事業分野毎の特性に応じたマネジメントと持株会社によるガバナンス及びコンプライアンスの実現と、グループ連結経営の一層の強化
  2. グループファイナンス及び情報ネットワーク等のインフラ整備
  3. 同一分野のグループ会社の再編・統合の早期実現
(2) 技術立社
  常に世界最高水準の技術の開発と向上を図るため、JFEスチールとJFEエンジニアリングが各々保有する研究所及びJFE技研の3研究所体制のもと、
  1. オンリーワン、ナンバーワン技術のたゆまぬ創出によるオンリーワン、ナンバーワン商品の倍増
    (JFEスチール:策定時6%→15~20%、JFEエンジニアリング:策定時5%→14%)
  2. 設備生産性向上及びターゲットコストの早期達成に寄与するプロセス技術の開発
  3. コア分野及び成長分野でのリーディングテクノロジーの保有
(3) 人事・労働施策の推進
  統合効果の早期発現による生産性向上と従業員一人ひとりの能力と適性の最大限の発揮のため、
  1. 各事業会社の事業特性・事業戦略に応じた人事・労務施策の推進
  2. 今後予想される大幅な世代交代に対応した人材の確保と育成
(4) 購買費用の削減
  1. グループ全体でのバーゲニングパワーの最大活用
  2. 優位技術の水平展開による安価原料の利用拡大等、製造と技術が一体となった活動による購買費用の削減
(5) 環境経営の徹底
  1. 地球的課題である環境問題への積極的取り組み
  2. 世界最高水準の環境マネジメントの確立
(6) ITの積極的活用
  経営管理サイクルの短縮、一貫管理運営基盤及びグループ情報ネットワーク基盤の構築のための新統合システムの開発
 

グループ連結財務目標

    億円
    実績 中期計画
年度   2002 2005
経常利益 1,046   2,500  
  JFEスチール 910 * 2,300  
  JFEエンジニアリング 120 * 160  
売上高経常利益率(ROS) 4.3%   10%  
  JFEスチール 4.6% 11%  
  JFEエンジニアリング 2.6% 4%  
総資産金利前経常利益率(ROA) 3.7%   9%  
         
総資産残高 38,316   33,600  
借入金・社債残高 20,571   16,000  
株主資本 5,945   8,300  
* 2002年度のJFEスチール、JFEエンジニアリングの数値は概算値
 

グループ・キャッシュフロー目標

    億円
    3年間累計 うちスチール
経常利益 5,800   5,300  
設備収支 1,050   1,000  
  設備投資 △3,850   △3,700  
  減価償却費 4,900   4,700  
投融資支出 △400   △380  
資産圧縮* 1,500   1,500  
法人税・配当他 △3,450   △3,120  
  合計 4,500   4,300  
* 在庫、土地、株式で各々500億円程度


 中期経営計画の進捗状況 

初年度の2003年度、計画は大きな前進を見ました。最終2005年度に向け各項目とも順調に進捗しており、ほとんどの指標について、2004年度において前倒しの達成が可能と見込んでいます。
 

中期経営計画の進捗状況

全社ベース 億円
実績 実績 見通し 中期計画
年度 2002 2003 2004 2005
PL指標        
  経常利益 1,046  2,183  4,000  2,500 
  当期利益 159  1,068  1,200  1,300 
  1株当たり当期純利益
(円)
27.7  185.8  204.6  226 
BS指標        
  総資産残高 38,316  37,244  36,000  34,600 
  借入金・社債残高 20,571  18,374  14,800  16,000 
  株主資本 5,945  7,462  8,700  8,300 
  利益剰余金 △481  535  1,560  1,800 
財務指標        
  EBITDA* 3,166  4,323  6,020  4,500 
  ROS 4.3%  8.8%  14.6%  10% 
  ROA 3.7%  6.5%  11.5%  9% 
  D/Eレシオ 346%  246%  170%  190% 
  株主資本比率 15.5%  20.0%  24.2%  24% 
* 経常利益+支払利息+減価償却費


事業部門ベース 億円
実績 実績 見通し 中期計画
年度 2002 2003 2004 2005
売上計 24,268  24,737  27,400  25,000 
  JFEスチール 19,774  21,039  23,200  20,600 
  JFEエンジニアリング 4,573  3,394  3,700  4,300 
  JFE都市開発 308  262  330  470 
  川崎マイクロエレクトロニクス 341  404  470  520 
  消去または全社 △729  △363  △300  △890 
営業利益計 1,468  2,536  4,200  2,930 
  JFEスチール 1,329  2,427  4,050  2,700 
  JFEエンジニアリング 128  31  60  180 
  JFE都市開発 10  14  19  40 
  川崎マイクロエレクトロニクス 12  49  46  30 
  消去または全社 △12  12  25  △20 
経常利益計 1,046  2,183  4,000  2,500 
  JFEスチール 910  2,085  3,850  2,300 
  JFEエンジニアリング 120  54  75  160 
  JFE都市開発 13  17  40 
  川崎マイクロエレクトロニクス 10  45  45  30 
  消去または全社 △14  13  30 
ROS        
  JFEスチール 4.6%  9.9%  16.6%  11% 
  JFEエンジニアリング 2.6%  1.6%  2.0%  4% 
 

(参考)JFEスチール
  連結経常利益変化の2003年度実績と2004年度見通し

    億円
    (02年度
→03年度実績)
(03年度
→04年度見通し)
コスト変動 502   470  
  変動費 560   490  
  労務費 △20   △100  
  償却費 20   75  
  固定費 30   △55  
  その他 △88   60  
為替レート △155   △110  
原料単価 △317   △1,350  
一過性の償却 △209   0  
数量、構成、価格 1,041   2,390  
営業外損益他 96   89  
単体経常利益変化計 958   1,489  
関係会社利益変化 217   276  
連結経常利益変化計 1,175   1,765  
注1)2004年度の見通しは、2004年8月30日の公表値
注2)2005年度の前提為替レートは、1ドル=110円