決算情報 株式・役員 トピックス 業績の推移 事業概況 事業報告書のtopへ

 

トピックス



造船事業の統合について


造船事業統合基本協定書調印式

 当社は昨年12月、日立造船株式会社と造船事業の統合に関する造船事業統合基本協定書を締結し、本年10月を目処にユニバーサル造船(株)に統合することで合意に達しました。同社は商品開発力とコスト競争力を柱とし、経営資源を最大限に生かすマネージメントシステムの構築により最強の造船会社を目指します。なお、同社は売上高1,600億円/年、人員は3,200人を見込んでおります。




当社の海岸耐候性鋼


海岸耐候性鋼

 当社は、新耐候性鋼適用橋としては、世界最大量の「海岸耐候性鋼板」を使用した三重県桑名インター線の橋梁に、全量にあたる約2,200トンを納入いたしました。当社としては、今後ともライフサイクル延長によるコスト低減の観点から、橋梁分野を中心に幅広い分野への「海岸耐候性鋼」の適用を目指し、多様化する需要家のニーズに積極的に応えて参ります。




自動車用高圧ガス容器事業への取り組み


自動車用高圧ガス容器

 当社グループ会社の鋼管ドラム株式会社は、自動車用の高圧ガス容器製造メーカーであるカナダのダインテック社との提携関係強化に合意いたしました。当高圧ガス容器は今後低公害車としての利用が期待される天然ガス自動車や燃料電池自動車に利用され、今後NKKグループとして営業活動を強化してまいります。




ごみ焼却施設解体事業参入(NKK-APOLLOシステム)


NKK-APOLLO(アポロ)システム

 当社は独自の解体システムを集約し、「NKK-APOLLOシステム」として、ゴミ焼却施設解体事業に本格参入いたしました。当システムは、多数の廃棄物処理施設の建設実績、ダイオキシン類削減対策工事の実績によって培われた技術を活かし、「ダイオキシン対策型」および「現地無害化型」解体工事として、汚染物の除去および処分を含む、あらゆる状況に応じたサービスをシステムとして提供するものとなっております。




合流式下水道水質汚濁対策に応えたストームキング初号機受注


ストームキング

 雨天時における雨水処理能力不足による海洋や河川の汚染防止が、最近の下水道事業の緊急課題となっております。当社は雨水の雨水吐きに取り付ける新型スワール固液分離装置(商品名:ストームキング)を英国からいち早く導入し、この度、東京都下水道局殿から国内初号機を受注いたしました。今後全国への拡販が期待されます。




21世紀のクリーンエネルギー『DME(ジメチルエーテル)』
実用化に向けた取り組みが加速



DMEディーゼル自動車 (公道試験認定車)

 DMEはクリーンな発電用燃料、黒煙が出ないディーゼル車用燃料、LPG代替燃料、燃料電池用燃料など21世紀のクリーンエネルギーとして大きな期待が寄せられています。当社は、天然ガス、炭層メタン、石炭ガス化など幅広い天然資源を原料とするDMEの直接合成の実用化を推進しており、ベンチプラントによる開発を終了し、現在、百トン/日規模の実証プラントによる実用化開発を推進中です。2001年10月には事業化検討会社「ディーエムイーインターナショナル(株)」を、また同年12月には「(有)ディーエムイー開発」を設立し、DMEの市場導入に向けて事業化および研究開発の体制を整えました。
 また、DME自動車の開発促進を図るため、2002年2月、国土交通大臣より日本で初めて試験自動車の認定を取得し、公道走行試験も開始しました。




使用済ペットボトルリサイクル工場稼働


エヌケー環境株式会社使用済ペットボトルリサイクル工場

 当社グループのエヌケー環境株式会社は、容器包装リサイクル法に基づき分別収集される使用済みペットボトルを破砕・選別・洗浄し、ポリエステル繊維や卵パック等の原料となるペット樹脂フレークに再生・販売するマテリアルリサイクル事業を2002年4月より京浜地区において開始いたしました。これにより、リサイクル事業の発展が期待されます。




シティウインズ北鎌倉イデアルコート竣工


シティウインズ北鎌倉イデアルコート

 当社単独事業による分譲マンション“シティウインズ北鎌倉イデアルコート”は、日本鋼管工事株式会社(工事監理・施工)、日本鋼管ビル管理株式会社(管理)等NKKグループの総合力を結集し、本年3月に竣工いたしました。バリエーション豊富な住戸プランをもつ総103戸の当マンションは、昨年春より販売を行い、好評のうちに完売いたしました。


 

▲Top






  Copyright (C)2002  NKK Corporation.  All Rights Reserved.