JFEグループについて 株主・投資家の皆様へ ニュースリリース 採用について 環境への取り組み HOMEへ戻る
JFEホールディングス株式会社
 
サイトマップリンク 
  2003年 5月 6日
財団法人 JFE21世紀財団
JFEホールディングス株式会社



  2003年度「JFE21世紀財団」技術研究助成の候補研究募集について
 

  1. 財団法人JFE21世紀財団(理事長 江本寛治 JFEホールディングス(株)会長)は、2003年度の技術研究助成の候補研究を募集いたします。

  2. 募集要項を以下に示します。
    (1) 助成対象研究
      1) 鉄鋼技術研究: 鉄鋼材料および鉄鋼製造プロセスを対象とする基礎、応用、開発の研究(鉄鋼に関係する計測、制御、分析等の関連技術の研究、および製鉄における副次生成物や排出物の研究を含む)
      2) 環境技術研究: 環境の浄化・保全の技術、および新エネルギー、省エネルギーの
    技術を対象とし、直接または間接的にエンジニアリングに関係する基礎、応用、開発の研究(低環境負荷エネルギー材料としての太陽電池用シリコンとDME(ディメチルエーテル)の研究を含む)
      *研究期間は1年を原則とするが最長2年まで可

    (2) 助成件数と助成金額
      1) 鉄鋼技術研究 17〜18件 (1件当り200万円)
      2) 環境技術研究 7〜8件 (1件当り200万円)
        合 計 助成件数 25件  助成金総額 5000万円

    (3) 応募資格
    日本の国公私立大学(付属研究機関を含む)または大学共同研究機関に属する個人またはグループ(但し、2000〜2年度の「川鉄21世紀財団」技術研究助成受領者は除く)


    (4) 応募の手続き
    申請者が本財団ホームページの申請フォームに記入
     財団ホームページ http://www.jfe-21st-cf.or.jp

  3. 1990年に創立40周年を記念して川崎製鉄(株)が設立しました「川鉄21世紀財団」は、川崎製鉄とNKK(日本鋼管)の経営統合に伴い、2003年4月に「JFE21世紀財団」に改称し、財団の設立趣旨・目的は継承しながらも事業を拡充・改良して、JFEグループの社会貢献を担う財団に発展しました。

  4. 「JFE21世紀財団」を記念しまして、今年度から技術研究助成は従来の20件、4000万円から25件、5000万円に拡充するとともに、助成対象研究も改めました。

  5. 「川鉄21世紀財団」が行いました技術研究助成は、1991年度から2002年度に亘る12年間の累計で、217件、4.4億円になります。

以上

 [ ご参考 ]

 
本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
 
 ニュースリリースへ戻る

 
このページのTOPへ このサイトのご利用にあたって