JFEグループについて 株主・投資家の皆様へ ニュースリリース 採用について 環境への取り組み HOMEへ戻る
JFEホールディングス株式会社
 
サイトマップリンク 
 
2003年8月7日
JFE都市開発株式会社




  横浜山の内開発プロジェクト 土地区画整理工事に着工
 

 当社が参加している「山内(やまのうち)ふ頭周辺地区土地区画整理組合」は、明日(8月8日(金))12時より地鎮祭を執り行い、横浜山の内開発プロジェクトの土地区画整理工事に着工いたします。

 当社は、JFEグループの「機能不動産会社」として大規模遊休地の活用・開発を主体とした事業展開を通じてJFEグループの発展に寄与するという役割りを担い、本年4月に発足いたしました。
 横浜山の内開発プロジェクトは、横浜市神奈川区の旧NKK浅野ドック跡地を中心とした約7.1haに渡るシーサイドエリアに、商業施設・オフィス・住宅ゾーンを整備する複合開発で、2001年にオープンした「オルトヨコハマ」に続く大規模都市開発事業として、当社が全てを承継し、『最重点プロジェクト』として位置付けて取り組んでおります。平成7年に修繕船事業が本地区から鶴見地区に機能移転されて以降、国・横浜市と土地利用転換等について協議を重ねてまいりましたが、本地区が昨年施行された都市再生特別措置法によって「都市再生緊急整備地域」に指定されたことを契機に、いよいよ正式にプロジェクトに着手することになりました。 (これまでの経緯並びに今後の予定は、別紙をご参照下さい。)

 本工事は、施設建築物の建設に先行して、宅地整備、道路築造、下水道整備等の基盤整備を目的として、土地区画整理法に基づき、弊社および弊社グループ会社等を含む七者で構成される「山内ふ頭周辺地区土地区画整理組合」(平成15年3月25日・横浜市長認可)によって施行される土地区画整理事業です。施行面積は約7.1ha、総事業費は約40億円で、地区内の道路築造や宅地整備の他、地区外下水道本管までの下水道管敷設、既設橋脇に歩行者専用橋の架橋、既存市道の再整備等を実施する工事となります。 (工事内容等は別紙をご参照下さい。)

 今後は、組合として土地区画整理工事を推進する一方、横浜市との間で環境アセスメントや都市再生特別地区の手続を本年内に完了させ、現状の用途や容積率、形態制限(建物高さ等)等が変更される予定です。施設建築物に関しては環境アセスメント並びに都市再生特別地区の手続進捗を見極めたうえで実施設計に取り組み、来年半ばには先行街区の工事に着手できる見込みです。

以 上

ご参考

 
【本件に関する問い合わせ先】
 JFE都市開発株式会社 横浜山の内開発プロジェクトチーム 担当: 松川、田中(信之)
      TEL 045-441-0517

 
 ニュースリリースへ戻る

 
このページのTOPへ このサイトのご利用にあたって