JFEグループについて 株主・投資家の皆様へ ニュースリリース 採用について 環境への取り組み HOMEへ戻る
JFEホールディングス株式会社
 
サイトマップリンク 
   2004年 5月25日
コープ低公害車開発株式会社
独立行政法人 産業技術総合研究所
伊藤忠エネクス株式会社
JFEホールディングス株式会社
三菱ガス化学株式会社
伊藤忠商事株式会社
岩谷産業株式会社
福山通運株式会社
株式会社コモテック
株式会社小野測器




  車両総重量(注1)8t中大型DMEトラックなどのDME自動車研究開発成果
 

 コープ低公害車開発株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:馬場昭夫)、独立行政法人産業技術総合研究所 (本部:東京都千代田区 理事長:吉川弘之)、伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:山田清實)、JFEホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:下垣内洋一)、三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小高英紀)、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹羽宇一郎)、岩谷産業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:牧野明次)、福山通運株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:小丸成洋)、株式会社コモテック(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:小森正憲)、株式会社小野測器(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小野雅道)は、硫黄酸化物やすすを全く発生せず、窒素酸化物の発生量も削減しやすい等環境負荷が小さい、クリーンなエネルギーであるDME燃料に用いたDME自動車に関する研究開発を進め、実証的な研究開発に取り組み、成果を得ております。
 本研究開発は、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(旧石油公団)の公募事業「石油・天然ガス開発・利用促進型特別研究」に応募受託した以下の3テーマにより実施いたしております。

 「レトロフィット(注2)対応DME(注3)ディーゼル自動車の早期実用化研究開発」
 
(平成13〜14年)、
 「中大型DME自動車の実用化研究開発」(平成14年〜15年)、
 「DME自動車の実用化フリート試験研究開発」(平成15〜16年)

  注1)車両総重量: 空車重量+積載重量+人員(2名×55kg)の合計重量。一般的には車両総重量の半分が最大積載重量であり、車両総重量が8トンの場合は一般的には4トンというが、荷物室をどのようなもの(冷凍室、保冷室、ドライバン、平台などで重量が異なる)にするかによって、最大積載重量が異なる。本車両の場合、3,300kgとなる。
    注2)レトロフィット: 使用過程車の改造
    注3)DME: ジメチルエーテル、物性がLPGに類似している化学品。化学式は『CH3OCH3』で、溶解性があり、現在は化粧品や殺虫剤などの噴射剤として利用されている。DMEは硫黄酸化物やすすを全く発生せず、窒素酸化物の発生量も削減しやすい等環境負荷が小さく、ディーゼル自動車燃料、発電用燃料、LPガス代替燃料等の幅広い用途に使用可能なクリーンエネルギーである。

1.主な取り組みと成果

(1) DME自動車開発がステップアップしました。
@ 排気ガスがクリーンで高出力な車両総重量8t中大型DMEトラック(以下、中大型DMEトラックと略記)を開発しました。
今回開発した中大型DMEトラックは、新短期規制車(注1)と比較し大幅な改善ができました。これによりDME自動車の排気ガスのクリーン性を実証しました。
また、この中大型DMEトラックは、軽油の同エンジンと比較し低速域から高速域まで高出力、高トルクが可能となり、DME自動車の実用性を実証しました。
A DME自動車構造取扱基準の調査と検討を実施しました。
今後のDME自動車普及に必要となる、DME自動車構造取扱基準(自主検討案)」を調査、検討し、国土交通省に原案を参照提出しました。今後、実際に保安対策会議(注2)が設立される場合の原案として生かされます。

注1)新短期規制車: 大気汚染防止法により定められた排ガス規制値をクリアした初年度登録車。
  注2)保安対策会議: 国土交通省が自動車構造取扱基準を作成する場合は、この会議の発足により進められる。

(2)フリート試験(走行試験)により実用性、耐久性を実証します。
@ これまで試作されていたDME自動車のフリート走行実験を推進中です。
トラック2台(JFE1台、産総研、三菱など1台(注1))、バス2台(いすゞ中型1台、三菱福祉マイクロ1台(注2))の試験走行により、DME自動車の燃料効率、実用性、耐久性が実証されつつあります。
A 今回開発した中大型DMEトラック(注3)の長距離フリート走行を開始します。
この中大型DMEトラックは一充填の航続距離が600kmと、軽油と同等です。新潟−つくば(距離:約400km)、新潟−横浜(約400km)の長距離フリート試験を実施し、耐久性・実用性を実証していきます。
B 今秋、神奈川県京浜臨海部DME自動車普及モデル事業実行委員会(注4)と共同して、事業用DME自動車のモデルとして、さらに実用性の高いDMEトラック(注5)(1台)を導入し、実際の業務に使用予定です。

注1)三菱トラック、注2)三菱福祉マイクロバス:
  これらのバスは、大臣特認(自動車取扱基準を持たない特殊車両がナンバー取得時に必要な国土交通省大臣の特別認可のこと)を取得し、走行中。
  注3)中大型DMEトラック: 今後大臣特認を申請。
  注4)神奈川県京浜臨海部DME自動車普及モデル事業実行委員会:
    2002年「構造改革特別区域計画」の「DME普及モデル特区」として国から認定を受け、現在実行委員会にて本事業を推進中。神奈川県京浜臨海部は、DMEに関連する産業が集積しており、今後DME自動車の普及による地域産業活性化や、大気環境改善を目的として活動している。
  注5)いすゞ中央研究所で本事業により製作する車両総重量6トン予定の新車両。

(3)実用的なDME自動車用インフラを開発・設置しました。
@ 自動車用DME燃料の充填スタンドを4ケ所に設置中です。
 つくば市、横浜市には設置を終了し、新潟市、川崎市に本年設置予定です。
A DME自動車用燃料供給用としてローリー開発を行っています。
 DME充填スタンドやDME自動車燃料タンクに充填するための両用専用ローリーを開発中です。


2.エコカーワールド2004へDME車を2台出展します。

今回開発された中大型DMEトラックと、現在川崎市で走行している中型DMEバスの2台を「エコカーワールド2004(低公害車フェア」に出展します。
「エコカーワールド2004(低公害車フェア) http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4941

@ 月 日 :  6月5日(土)12:00〜17:00
 〜6日(日)10:00〜16:00
    A 場 所 : 横浜市みなとみらい21赤レンガ倉庫 広場
http://www.yokohama-akarenga.jp/
    B 主 催 : 環境省、独立行政法人 環境再生保全機構、横浜市

 DME自動車は、環境特性・実用性において高いポテンシャルを有しております。今後、DME自動車を導入、普及させることが早急に可能となるよう、総合的に活動を進めていきます。

DME自動車実用化研究開発の取り組み概要及び各社の役割

以上

 

<お問合せ先>
 コープ低公害車開発株式会社   TEL: 045-472-7913、090-3144−3151(若狭良治) 
 伊藤忠エネクス株式会社   TEL: 03-5436-8206、経営企画部 IR広報担当/坂上 

 
 ニュースリリースへ戻る

 
このページのTOPへ このサイトのご利用にあたって