JFEグループについて 株主・投資家の皆様へ ニュースリリース 採用について 環境への取り組み HOMEへ戻る
JFEホールディングス株式会社
 
サイトマップリンク 
   2005年 11月21日
東京電力株式会社
三菱化学株式会社
JFEホールディングス株式会社




  ジメチルエーテル(DME)の利用技術に関する共同研究の実施について
 

 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:勝俣 恒久(かつまた つねひさ))、三菱化学株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:冨澤 龍一(とみざわ りゅういち))、JFEホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長(CEO):數土 文夫(すど ふみお))の3社は、クリーンな次世代の新燃料として大きな期待が寄せられているジメチルエーテル(以下、DME)の利用技術について、共同研究を行うことに合意し、このたび、現地工事を開始いたしました。
  本研究は、平成18年2月より燃焼試験を開始し、平成19年3月末まで実施する予定です。

 DMEは、オゾン層破壊の懸念がないことからフロンの代替としてスプレー噴射剤等に利用されておりますが、天然ガスや石炭のほかバイオマス燃料など様々な原料から製造できることに加え、燃焼過程で黒煙や硫黄酸化物が発生しないなど、エネルギーセキュリティおよび環境の観点から、燃料としても注目されております。
  こうした中、3社は、三菱化学筑波事業所(茨城県牛久市)内に、DMEの貯蔵タンクや気化器等の設備を設置するとともに、同事業所内の既設の産業用ガスタービン発電設備とボイラ設備をDME焚き仕様に改造して、燃焼試験を実施し、運転性能、排ガス特性といった技術評価のほか、経済性についての評価を行います。
  また、本研究では、燃料ユーザーの視点に立ち、DMEを実際に使用するケースと同じ環境で試験を実施することにより、信頼性、安全性、運用・保守性など実用面での課題についても抽出いたします。

 本研究の実施にあたり、東京電力は、お客さま向けのエネルギーソリューションメニュー候補の一つとして総合的評価を行うことを目的として、研究計画の策定とガスタービン発電設備の燃料転換・性能評価試験研究を担当いたします。
  三菱化学は、試験場所の提供を行うとともに、ユーティリティー設備の運転技術を活かし、ボイラ設備の燃料転換・性能評価試験研究を担当いたします。
  JFEホールディングスは、従来よりDMEの製造技術開発(DME直接合成法)と利用技術開発を推進しており、本研究では、燃料の性状および輸送に関する研究を担当いたします。

 【参考−1】 ジメチルエーテル(DME)の利用技術に関する共同研究の概要
 【参考−2】 研究設備構成概要
 【参考−3】 ジメチルエーテルについて

以上 

 
本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
 
 ニュースリリースへ戻る

 
このページのTOPへ このサイトのご利用にあたって