「JFE21世紀財団」2006年度・技術研究助成・募集要項

1.助成対象研究
鉄鋼技術研究: 鉄鋼材料および鉄鋼製造プロセスを対象とする基礎、応用、開発の研究。鉄鋼に関係する計測・制御・分析等の関連技術の研究および製鉄における副次生成物や排出物の研究を含む。
環境技術研究: 環境の浄化・保全の技術および新・省エネルギーの技術を対象とし、直接または間接的にエンジニアリングに関係する基礎、応用、開発の研究。
実質的に完了している研究や特定の機関からの委託研究は対象外とする。
助成を受けた研究は成果も含めて公開を前提とする。また、研究成果がもたらす工業所有権等の技術権利について本財団は関知しない。
2.助成件数と助成金額
件数 25件
金額 5000万円
鉄鋼技術研究 16~18件(1件につき200万円)
環境技術研究   7~9件(1件につき200万円)
助成金は代表研究者の所属する大学に交付する。(大学指定銀行口座に12月に振込む。)
助成金の使途(設備・備品費、材料・消耗品費、学会等出張費、研究補助者等人件費を原則とし、研究室運営費、報告書刊行費、学会等開催費などは不可)は申請書に記載。
3.研究期間
1年(原則として2007年1月開始・同年12月終了・2008年1月報告書提出)とする。
但し、2年を上限に延期・延長を可とする(2009年1月報告書提出)。
4.応募資格者
日本の国公私立大学(付属研究機関を含む)または大学共同利用機関に所属する研究者(大学院生を除く)であって国籍は問わない。グループの場合は1名を代表研究者、他(3名以内)を共同研究者とする。共同研究者は大学院生および外国の大学や日本の公的研究機関に所属する研究者も可とする。2003~5年度の本財団技術研究助成・受領者(代表研究者のみ)は本応募の代表研究者から除外する。
5.申請手続き
本財団ホームページ上の申請フォーム(5月22日立上)に記入し送信する。
ホームページ http://www.jfe-21st-cf.or.jp
 
受付開始5月22日:締切6月20日
6.審査・選考と助成研究(者)の公表
本財団が委嘱した審査委員会が審査・選考を経て25件を採択し、本財団理事長が決定する。
審査委員会 委員長 半明正之(JFEスチール・会長)
  委 員 大学教授6名 JFE役員4名(委員の氏名は非公表)
9月下旬に応募者(代表研究者)に結果(採択、非採択とも)を通知の後、採択された研究(者)は9月下旬(予定)に本財団ホームページで公開とともに一部の新聞紙上でも発表の予定。
7.助成受領者(代表研究者)の義務・条件
(1) 本財団との覚書交換と助成金の受領手続き
(2) 贈呈式への出席(東京において11月予定、出席費用は本財団負担)  
(3) 研究報告書の提出(研究終了後に公開前提の研究報告書を本財団に提出)
(本財団は年度毎の研究報告書刊行とホームページ掲載で成果を社会に公開します。)
(4) 助成金使途の報告(研究終了後に助成金の実際の使途を報告書で提出)
(5) 研究論文等への謝辞記載

以上

 前のページに戻る