FASF
2007年 3月1日
  • 会社名    JFEホールディングス株式会社
  • 代表者名  代表取締役社長 數土 文夫
  • (コート゛番号 5411 東証、大証、名証)
  • 問合せ先 総務部  広報室長
  •      林 周一郎(TEL 03-3217-4030)

平成19年3月期 業績見通し及び利益配当について

当社の平成19年3月期の業績につきまして、今般その見通しを得ましたので、お知らせいたします。

1. 業績見通し

当期の連結業績見通しを前回見通しと比較しますと、鉄鋼事業は、亜鉛等非鉄金属の価格上昇はあるものの、コスト削減が進んだこと、および為替レートが想定より円安で推移したことにより、増益となる見込みです。エンジニアリング事業は、工事進捗のずれ等による売上高の減少、および不採算案件発生の影響により、減益となる見込みです。都市開発事業はやや増益となる見込みですが、LSI事業は、液晶パネル向け製品の出荷が想定を下回り、減益となる見込みです。
 この結果、連結売上高は3兆2,700億円、経常利益は5,000億円、当期純利益は2,950億円と、それぞれ前回見通しに比べ増加する見込みです。
 また、当期の単独業績見通しにつきましては、事業会社からの配当を実施することを決定いたしましたため、営業収益は2,980億円、経常利益および当期純利益は2,900億円となる見込みです。

(1) 当期連結業績見通し(平成18年4月1日~平成19年3月31日)

(単位:億円)
  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
今回見通し 32,700 4,950 5,000 2,950
前回見通し
(平成18年10月26日)
32,400 4,950 4,900 2,900
増減額 300 0 100 50
<参考>前期実績
(平成18年3月期)
30,983 5,171 5,173 3,259

(2)当期単独業績見通し(平成18年4月1日~平成19年3月31日)

(単位:億円)
  営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益
今回見通し 2,980 2,900 2,900 2,900
前回見通し
(平成18年12月26日)
2,280 2,200 2,200 2,200
増減額 700 700 700 700
<参考>前期実績
(平成18年3月期)
1,143 1,073 1,073 1,068

2.利益配当について

当社は、平成18年3月に策定いたしました第2次中期経営計画において、株主への利益還元を最重要経営課題のひとつに掲げており、グループ全体として持続性のある高収益体質の確立を図り、成長に向けた投資への対応と財務体質の改善を行いつつ、積極的に配当を実施してまいります。
 この基本方針のもと、第2次中期経営計画の進捗状況を踏まえ、当期の配当につきましては、前期に比べ1株につき20円増配とし、既に実施いたしました中間配当と合わせて1株につき120円(期末配当は1株につき70円)とする案を株主総会にお諮りする方針とさせていただきましたので、お知らせいたします。

また当社は、平成18年11月10日開催の取締役会において、自己の株式を取得することを決議し、実施してまいりましたが、平成19年2月14日までに取得した1,200億円をもちましてこれを終了しておりますので、あわせてお知らせいたします。
 (詳細は、平成19年2月15日公表の適時開示情報
 「自己の株式の市場買付および取得終了に関するお知らせ」をご参照ください。)

(注)
上記の見通しにつきましては、本資料の発表日現在において入手可能な情報および将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る本資料発表日現在における仮定を前提としております。実際の業績は、今後様々な要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。


以上