1997年7月15日

川崎製鉄株式会社


電縫鋼管製造設備のアセジッタ社からの受注について

1.川崎製鉄鰍ヘ、独自に開発したCBR成形法を導入した電縫鋼管製造設備である「CBR成形ミル」を、ブラジルのアセジッタ社からこのほど受注いたしました。

2.電縫鋼管は、鋼帯(帯板)を管状に曲げ加工し、両縁部を溶接して製造します。CBR成形法は、帯板を独自の曲げ方式で成形することにより、優れた成形性・溶接性と、成形ロールのサイズ兼用化とを同時に実現したもので、造管の難しいステンレス鋼管の成形に特に適しています。

当社では知多製造所に1991年に導入し、自動車排ガス用のステンレス鋼管を中心に、現在この成形法により月間約300トン程度の生産をしております。

3.受注した設備は、以下のとおりです。

(1)設備名   電縫鋼管製造設備

(2)能力    最大2,000トン/月

(3)稼動予定 1998年の予定

[ご参考]

CBR成形法(CBR=Chance-Free Bulge Roll=チャンスフリー張出しロール)

帯板の曲げ方が、従来方式は板全体を徐々に円弧状に曲げていたのを、CBR成形法では、まず両エッジのみを曲げ、次に板の中央部周辺を曲げて縦長小判型にし、最後に縦方向に圧縮して、円形に加工します。

このため、側面部分がロールに当たりにくく、

1.疵の発生を防げ、

2.潤滑油を使用せずに造管できるため、溶接が安定化します。

また、円形にするまでの帯板にかかる力が少ないため、

3.加工硬化が少なく、

さらに、(従来の)徐々に曲げる際には必要な、管のサイズごとのロール交換が不要で、ロール設定位置の変更により多サイズ成形が可能になるため、

4.ロール交換時間を大幅に短縮できます。

当社知多製造所に導入したミルでは、従来型ミルと比較して

1.歩留りの16%向上、

2.稼働率の14%向上、

3.フォーミング部のロール替え時間の90%短縮、

を達成しております。

以 上


本件に関する問い合わせ先

川崎製鉄(株) 総務部 広報室 03−3597−3161