[ご参考]                                                          
      

     1998年3月27日
川崎製鉄株式会社

広報誌『αK』文化特集号の発行について

川崎製鉄は、このたび、広報誌『αK』文化特集号「20世紀・鉄の名作T」を発行いたしました。内容は下記の通りです。


1.内 容 本年の文化特集号では、あと3年で20世紀が終わろうとしているこの機会に、今世紀中に生まれた鉄の名作を様々な分野より採り上げました。
今年および来年の二年にわたり、建造物、橋梁、自動車、鉄道など各分「橋梁」「ストリート・ファニチュア」および「エネルギー」の4分野より、今世紀の鉄の名作を約100点にわたって採り上げました。また巻頭企画として、鉄と20世紀文明の関わりや、鉄と未来の関わりなどについて、本誌の総合監修者である泉眞也氏と評論家の赤池学氏による 対談を掲載しております。

2. 印刷部数    16,500部

3. 体 裁      A4変形版、68ページ
  写真点数 約100点

4.入手方法   住所、氏名、電話番号を記入のうえ、送料310円分の切手を封書に同封し、下記までお申し込みください。なお、電話でのお申し込みはご遠慮ください。(本代は無料)

(お申し込み先) 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2―2―3日比谷国際ビル
                   川崎製鉄(株)  総務部広報室 「αK」係

―ご参考― 「αK」

1970年創刊。89年9月より誌名を「鐵」から「αK」に変更。現在、通常号を年3回、文化特集号を年1回発行している。

通常号では、鉄を中心とする多彩な製品や、多様な技術と社会とのかかわりを幅広く紹介している。送付先は当社に関連あるユーザー、商社、メーカー、学校、官庁などで、発行部数13,500部。

文化特集号は、鉄全体の文化的な価値、意義に焦点をあてることを目的に、1984年に初刊を発行。『20世紀・鉄の名作T』が13冊目。

以上