Press Release

2001年 9月17日



資源化リサイクルのための自動選別技術を欧州企業に供与



 当社はこのたび、各種資源化リサイクル処理システムの要素技術のうち、プラスチックボトル材質選別技術とびん色選別技術(ツインローラー型)の二つの技術をオーストリアのIUT社に技術供与しました。
 IUT社(Innovative Umwelttechinik社)はオーストリアの環境関連プラントエンジニアリング会社で、当社は過去に多目的揺動式選別機(BASEP)の技術供与を受けており、資源化リサイクル分野で技術交流のある会社です。
 今回の技術供与は、欧州でのニーズに対応するのもので、今後、欧州におけるこれら選別機の製造、販売はIUT社が行うことになります。

 当社では、資源化リサイクルプラントを国内で約70基販売してきておりますが、特に近年、自治体、あるいは民間からのニーズが多い高性能な各種選別装置を自社開発して要望に応えてきております。これら選別装置は単体機器として、すでに国内の資源化プラントやメーカー等へ販売を実施しており、その性能が広く認められつつあります。
 このような状況下において、リサイクルの本場である欧州のエンジニアリング会社の評価を得て技術供与が実現でき、また欧州と周辺国への販売の拠点を保有できたことは、当社としての大きなマイルストーンと捉えております。

 これを契機に今後、資源化リサイクル分野で培った高度な技術を、国内外に供給し、資源循環型社会の構築に貢献すべく、さらなる努力を重ねていきたいと考えております。

1.供与先
社 名Innovative Umwelttechinik GmbH(イノバティブ・ウンベルトテヒニーク)
社 長Mr. Reinhard Goeschl(ラインハード ゲシュル氏)
所在地オーストリア、ゼーベンシュタイン
事業内容エンジニアリング(含む建設)、技術開発を業として、特に環境関連の選別機販売、埋め立て処分場脱臭設備販売などを展開中。
売上規模2億6800万円
従業員数約20名
設 立1985年

2.供与技術
(1) プラスチックボトル材質・色選別技術
 容器包装系のプラスチックボトルを一列に整列後、センサー部の通過で判定した色と材質信号を受け、エアージェットにより、定められたシュートに選別排出するための機械装置と制御システムです。
 近赤外線を利用した材質判定機とカラーCCDカメラによる色選別機の組み合わせで、混合プラスチックボトルから、透明PETボトル、緑色PETボトル、その他PETボトル、PVCボトル、その他ボトル等に分別できます。
  国内受注実績 : 自治体向け2基

(2) ガラスびん色選別技術(ツインローラー型)
 上下2段に配置したツインローラーを用いて、ガラスびんのサイズ分けと整列を高速に行い、センサー部の通過で判定した色信号を受け、エアージェットにより定められたシュートに選別排出するための機械装置と制御システムです。
 カラーCCDカメラによる色判定機で、ガラスボトルを透明、茶色、緑、青、その他等に分別します。
  国内受注実績 : 自治体向け3基

3.契約内容
 IUT社は下記20カ国にて今後2年間の独占製造販売を実施、それ以後は非独占で継続実施します。
 対象国;イギリス、アイルランド、スペイン、ポルトガル、フランス、イタリア、
ベネルックス3国、ドイツ、スイス、オーストリア、デンマーク、
スエーデン、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、スロベニア、
ポーランド、チェコ

以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2138


戻る



  Copyright (C)2000 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって