Press Release

2001年10月 4日

容器包装プラスチックの車載型圧縮梱包サービスの初受注について



 当社と日本通運株式会社が共同で開発した車載型圧縮梱包システムについて、この度、神奈川県大磯町殿に採用されることになり、実機を所有する日本通運株式会社が同町より容器包装プラスチックの選別・圧縮・梱包業務を受託致しました。

 今回、大磯町殿より受託した業務の内容は、「容器包装に係わる分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)」に基づく、市町村の役割分担のうち、分別収集業務を除く、異物の選別業務ならびに圧縮梱包業務となります。
 具体的には、
 1.簡易舗装等の保管場所の整備
 2.年間1500t程度の使用済みプラスチック類から異物の選別・除去業務
 3.異物を取り除いた容器包装プラスチック類の車載型圧縮梱包システムによる圧縮梱包業務
です。
 特に圧縮梱包業務につきましては、当社並びに日本通運株式会社で開発した、車載型圧縮梱包システム(大型トラックに、大型の圧縮梱包機と付帯設備を搭載)を大磯町殿へ必要に応じて派遣し、ベールと呼ばれる容器包装プラスチックの圧縮梱包物を製造致します。なお、このシステムについては特許を出願中です。

 車載型圧縮梱包システムは、その機動性を生かして必要な日数だけの出張作業となるため、市町村で恒久的な施設を建設されるのに比較して、施設費のみならず人件費等の経費も大幅に低減できる点に特徴があります。また、車載型という機動性を生かすことにより、まずモデル地区で分別収集を始められる場合や比較的小規模の保管場所を複数持たれる場合等、各市町村のご計画に柔軟に対応できるものと考えております。

 また、当社が圧縮梱包業務を受託している市町村の容器包装プラスチックに関しては、全面的にリサイクルに協力致しますので、各市町村では引取先をご心配いただくことなく、安心して分別収集に取組んでいただけるものと自信を持っております。

 当社および日本通運株式会社は、かねてより車載型圧縮梱包システムについてのご提案を実施してまいりましたが、これを契機に、より一層の評価をいただけるよう、さらなる努力を重ねていきたいと考えております。なお、車載型圧縮梱包システムによる容器包装プラスチックの圧縮梱包業務の受託は、日本国内で初めてのものとなります。

 当社グループは、使用済みプラスチック高炉原料化事業をはじめ、使用済み家電リサイクル事業、使用済みペットボトルリサイクル事業、環境PFI事業、蛍光灯リサイクル事業など、環境関連の各種リサイクルシステムを提供する総合的な環境ソリューション企業として、今後も皆様のお役に立てる事業を展開してまいります。

【参考資料】


以 上


本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
 N K K  秘書部広報企画グループ  TEL 03-3217-2138 

戻る



  Copyright (C)2000 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって