Press Release

2001年10月23日
 N K K
 アドケムコ株式会社
地球に優しい『NKK緩効性けい酸加里肥料』の販売開始について


写真
 NKKとアドケムコ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:栗林 章雄)は、昨年より独自の製造プロセスにより製造する緩効性ケイ酸カリ肥料の商業化を目指してまいりましたが、このたび製造体制および販売体制が整いましたので、本格販売を開始いたします。

 『NKK緩効性けい酸加里肥料』は、鉄鋼製造のプロセスにおける溶銑の脱珪処理工程で生成される溶融シリカに、カリ原料を添加して均一に混合したものを冷却後に粉砕することにより製造する粉状の肥料です。
 アドケムコは、さらに、施肥の均一化および機械化による省力化を目的とした、粉砕品を原料とする粒状品製造技術を確立し、肥料登録を本年3月に完了いたしました。
 アドケムコでは、全国で説明会を開催し『NKK緩効性けい酸加里肥料』の粉状品および粒状品の本格販売を開始いたします。

 一般的に緩効性ケイ酸カリ肥料は、速効性肥料(通常の化成肥料,硫安,尿素など)より溶解性が遅く、その成分の持続性を高めた肥料で、次のような特徴があります。

1. 環境にやさしい
ケイ酸カリは水に溶け難い性質を有するので、雨水や灌漑水によって流出することがなく、河川や地下水を汚さない。
2. 土にやさしい
土壌を酸性化しない。
3. 穏やかに効く「カリ」
作物の根が生成する弱酸にカリ(K2O)がゆっくりと溶解し、効率よく作物に吸収される。
4. 吸収されやすい「ケイ酸」
作物に吸収されやすいケイ酸(SiO2)を含むため、作物を丈夫にするとともに病気になりにくくする。
5. 施肥の省力化
緩やかに効果を発揮するので、施肥回数の削減が可能である。

 これらの特徴に加えて『NKK緩効性けい酸加里肥料』は、前述の独自の製造プロセスにより、さらに以下のような優れた特徴を有する土壌と作物にやさしい環境保全型肥料です。

1. 省エネルギー・省資源
鉄鋼製造のプロセスのなかで製造するため、省エネルギーかつ省資源である。
2. 含有成分
鉄鋼製造時に生成する、緩効性の石灰(CaO)、苦土(MgO)、マンガン(MnO)、鉄(FeO)を含むため、カリ、ケイ酸の肥効促進に加え、これら成分が不足する農地での効果が期待できる。

 NKKは、かねてより鉄鋼製造の副産物であるスラグの高度活用に取り組んでおります。このたび販売を開始いたしました『NKK緩効性けい酸加里肥料』に加えて「高炉水砕スラグの海底覆砂への適用」および「マリンブロック」につきましても実用化へ向けて鋭意取り組んでおります。


以 上


本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
 アドケムコ(株)  営業本部 カリ肥料チーム  TEL 03-3222-5388 
 NKK  秘書部 広報企画グループ  TEL 03-3217-2123 

戻る



  Copyright (C)2000 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって