Press Release

2001年10月29日



NKK福山製鉄所 国内最大 大型空気分離装置 本格稼動



 このたび当社福山製鉄所内において、国内最大の空気分離装置(空気から酸素,窒素,アルゴンを分離・製造する設備)が、本格稼動致しました。

 この設備は、日本酸素株式会社(東京都港区;田口 博社長)と当社との共同出資会社である株式会社 鋼管サンソセンター(広島県福山市;田口 博社長)福山工場に設置されたもので、日本最大の酸素生産能力を持つ空気分離装置です。
 今回の稼動により、老朽化した設備の更新による、粗鋼生産1千万トン体制下での安定的な酸素供給体制の整備に加え、最新技術の採用による省エネルギー・省力化を合わせて実現し、操業のフレキシビリティーの拡大や、コスト合理化に大きく寄与するものと期待しております。

 本設備の主な仕様と特徴は以下の通りです。

  1.空気処理量; 243000Nm/h
  2.生産能力 
酸素ガス(含む液化酸素)  50000Nm/h
高純窒素ガス 80000Nm/h
低純窒素ガス 50000Nm/h
粗アルゴンガス  1750Nm/h
  3.特徴;
(1) 酸素ガス(含む液化酸素)50000Nm/hは空気分離装置で国内最大。
(2) 高効率空気圧縮機・充填塔に加え、DFR(流下液膜式リボイラー)を採用し、国内最高レベルのエネルギー原単位を実現。

 当社ではこのように、関係会社、グループ会社と一層の協力をしながら、環境にも配慮した効率的な設備の設置に努めて参ります。

以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2431


戻る



  Copyright (C)2000 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって