Press Release

2001年10月31日



NKK福山製鉄所 厚板Super-OLAC
稼動後3年間で累計生産量150万トン突破



写真
 当社福山製鉄所(所長:岸本純幸専務)の厚板オンライン加速冷却設備Super-OLACが、本年9月末累計生産量150万トンを達成致しました。

 本設備は、1980年に世界に先駆けて実用化した*1OLACが18年を経過しリフレッシュ時期にあったのを機会に、革新的な冷却制御技術を開発・適用し、新たにSuper-OLACとして1998年9月に稼働させたものです。

 この設備の特長として、以下三点が挙げられます。
(1) 理論的限界に相当する高冷却速度の実現
(2) 高冷却速度下での冷却停止温度精度の飛躍的向上
(3) 鋼板上下面の対称冷却と面内均一冷却の両立

 またこれを活かすことにより、これまでにない強度、靭性および溶接施工性に優れた鋼板の安定製造と製造板厚の拡大が可能となりました。また、非水冷材並の板内温度偏差により、材質の安定化と共に十分な平坦度の確保が可能となり、余分な矯正工程を省略できるため、工期短縮とオンライン大量製造が実現できました。

 この結果、わずか3年間で累計生産量150万トン突破という、嘗てないハイペースでの快挙を成し遂げることができました。

 当社では、Super-OLACを駆使して、以下の様な新しい高付加価値商品を世に送り出してきました。
(1) 造船向け;
超大入熱1パス溶接が可能なコンテナ船用YP40キロ鋼
LPG船用低温ハイテン(YP36キロ鋼)
(2) 三峡ダム等の*2ペンストックやLPG等のタンク向け;
低温用又は大入熱用60キロ鋼
(3) 建産機向け;
高靭性を特長とする80キロ鋼
(4) ラインパイプ向け;
X100,耐震用X65、*3バックルアレスター用厚肉X65
(5) 橋梁・クレーン向け;
溶接性に優れかつ*4音響異方性が小さく、短工期、量産可能なオンライン製造型のSM/SMA570TMCという新商品

 当社では今後ともSuper-OLACの高冷却速度と均一冷却の強みを駆使して、一段と高まる高強度、高靭性、高溶接施工性、歪フリー化等の多様化するニーズに適用した新しい高付加価値商品の開発をさらに進めて参ります。


(参考)
*1オンライン加速冷却:OLAC(On-Line Accelerated Cooling)
熱間圧延後、室温まで放冷することなく、オンラインで制御冷却(水冷)し、結晶粒を微細化し強度を向上させる方法で、適正な制御圧延と微量合金設計との組合せにより、靱性、溶接施工性および加工性の向上も可能。
*2ペンストック
ダム湖から発電機までの数百mの落差をつなぐ、水力発電用の放流水圧導管
*3バックルアレスター
海底パイプラインにおいて、所定の間隔で設置する座屈伝播防止用厚肉パイプ
*4音響異方性
鋼板の圧延方向とその直角方向で音波の伝播速度が異なる現象。その速度比が大きいと斜角超音波探傷で欠陥位置を同定するのに、探傷屈折角を個々にキャリブレーションする必要がある。

以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2431


戻る



  Copyright (C)2000 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって