Press Release

2001年11月27日



世界初  極寒冷地での靭性を保証した
建設・産業機械用 高張力鋼,耐磨耗鋼“LEシリーズ”の開発・本格販売


 当社は建設・産業機械用高張力鋼および耐磨耗鋼を対象として、-40℃という超低温域においても靭性を持ち、施工性・経済性にも優れたバランスのとれた新高張力鋼・耐磨耗鋼“LEシリーズ”を、世界に先駆けて開発致しました。
 LEシリーズは本年5月の販売開始以来、北中南米や欧州等、世界の多数の建設機械メーカー、加工メーカーや流通業者より好評を博し、受注量は既にLEシリーズ合計で5,000トンを超えました。

 LEとはLeading Edge(翼の前縁、最先端)を意味するもので、最新のマイクロアロイング技術と特殊熱処理技術を駆使することによって、従来商品よりもさらに溶接性を改善し低温靭性も保証し、更には経済性にも優れるという、正に画期的な商品シリーズです。

(1)建設・産業機械用新高張力鋼(NK-HITEN LEシリーズ)の特長
 この高張力鋼は、建設・産業機械の軽量化のために独自開発したもので、各種パーツに使用されますが、中でもラフテレインクレーン(大型クレーン車)のブームやアウトリガー(車体固定時に両側に張出す脚)等に使われる780N/mm2級は、高張力と同時に特有の安全性が求められます。従来から存在する低温タンク、海洋構造物、ペンストック用途の高張力鋼は、優れた低温靭性を有しておりますが、今回開発したLEシリーズ高張力鋼はNiのような高価な合金元素を多量に添加することなく、マイクロアロイング技術と特殊熱処理技術によって780N/mm2級という高い強度においても-40℃という低温での靭性を確保しました。

(2)新耐磨耗鋼(NK-エバーハード LEシリーズ)の特長
 耐磨耗鋼は、ショベルカーのショベル部分やダンプカーのベッセル部分等に用いられており、耐磨耗性と曲げ加工性、耐衝撃性等の品質が要求されます。また耐磨耗鋼は高張力鋼以上に経済性が重視される商品です。そこでLEシリーズでは、やはり合金元素の添加を最小限に抑えて、マイクロアロイング技術と特殊熱処理技術によって高硬度、高延性と同時に、耐摩耗鋼としては極めて低い温度である-40℃での靭性確保に成功しました。

 この様に、低温靭性も保証しているLEシリーズは極寒冷地での使用に限らず、耐衝撃性や安全性の観点からも優れた商品と言えます。
 また、“LEシリーズ”は、溶接性にも優れており、例えばNK-HITEN780LE、耐磨耗鋼NK-エバーハード360LEの場合、炭素当量(ロイド式)0.40%以下を保証しており、従来品よりも予熱温度を25〜50℃低減することが可能になりました。

 当社では、信頼性と経済性とを両立させた本商品“LEシリーズ”の拡販に努めるとともに、今後さらに多様化するニーズにも応えるべく、シリーズの拡充にも努力して参ります。



建設・産業機械用ハイテン、耐磨耗鋼
LEシリーズの用途例
 
ラフテレインクレーン
写真
 
ダンプカー
写真

以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2431


戻る



  Copyright (C)2001 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって