Press Release

2001年12月13日



NKK-SPEEDシリーズ
薄板SCMシステム「SPEED-XU」の稼動について



 当社はこのたび、薄板品種の販売力強化を目的とした薄板SCMシステム「SPEED-XU」(*)を整備し、来年1月より順次稼動させることと致しました。

 当社はこれまで競争力強化の一環として、中期経営IT計画に基づき、SPEEDシリーズの名称で鉄鋼資材品購買ネットワークシステム「SPEED-PRO」、カラー鋼板のネット販売システム「SPEED-YK」、鋼管類のネット販売システム「SPEED-PF」、商品の納入デリバリーシステム「SPEED-DN」など、鉄鋼資材の購買から鋼材の販売・納入に至る一連のECサイトを立上げ、お客様から高い評価を頂いて参りました。

 いっぽう上記と併行して、社内基幹システムである薄板系販売生産計画システムの刷新にも取り組み、製造・販売のビジネスプロセス改革を実現するSCMシステム「SPEED-XU」の開発を推進しておりました。このシステムは最新のITを積極的に適用し、一年半の短期間で開発したものです。

 本ビジネスプロセス改革の目的は、「リードタイムの短縮」や「納期達成精度の向上」による顧客ニーズへの的確な対応と、「在庫削減」や「製造、流通コスト削減」等のコスト合理化の実現です。その改革の具体的ポイントは、営業部門と生産管理部門との業務区分見直し、計画立案工期の短縮、工場負荷バランスの予測精度向上を軸とした、販売・生産一貫での最適計画の立案、及び実行です。

 本システムは納期と生産の最適バランス調整をベースの考え方として、「月次販売・生産計画」、「生産優先順設定」、「週間生産計画」、及び「顧客/流通分野との情報連携基盤」の4つのブロックで構成され、それらを一貫SCMデーターベースにより有機的に結びつけています。これにより顧客ニーズにスピーディーな対応ができるシステムとしています。

 この薄板SCMシステム「SPEED-XU」の効果は以下の通りです。

1. リードタイムの短縮
(1) 計画立案の工期短縮と精度向上により、受注から商品出荷までのリードタイムを熱延鋼板で最短14日までに短縮します。(従来リードタイムは30〜45日)

自動車,電機,容器分野では、顧客情報に基く需要予測システムを既に開発、適用済みで、「SPEED-XU」と連携することにより、顧客ニーズへの対応力を更に高めて参ります。
(2) 更に輸出材については、配船計画と生産計画を連携させることにより、船積み滞留工期の短縮を図ります。

2. 商品在庫削減   現状から20%強の削減を図ります。

3. 業務効率化
下工程から上工程に至る負荷バランスを短時間で検証する各種高速シミュレーションソフトを導入することにより、ライン負荷検証に掛かっていた時間を大幅に短縮します。

 今後とも、顧客・商社との連携を一層強化するシステムの構築に、積極的に取り組んで参ります。

 なお、本システムは、NKKの情報グループ会社(株)エヌ・ケー・エクサが開発致しました。

 (*)SPEED-XU;Expansion Usuitaの略

【参考資料】


以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2431


戻る



  Copyright (C)2001 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって