Press Release

 2002年 6月25日

『プラスチックボトル自動選別装置』
社団法人日本産業機械工業会会長賞を受賞



 当社は、『プラスチックボトル自動選別装置』で、社団法人日本産業機械工業会が実施している「第28回優秀環境装置表彰事業」において、社団法人日本産業機械工業会会長賞を受賞しました。今回の優秀環境装置表彰は、大気汚染防止装置、水質汚濁防止装置、廃棄物処理装置、騒音・振動防止装置、悪臭物質処理装置、土壌汚染防止装置等の8部門の環境装置の募集の中から、優秀と認められる装置の選定を行うものです。

 本技術は、プラスチックボトルを材質ごとに選別するリサイクルに関する技術であり、以下のような特長を持っています。

  1. プラスチックボトルを近赤外線の吸収によって6種類の材質(ポリエチレン、ポリスチレン、ポリプロピレン、PET、塩化ビニル、およびそれ以外)に識別する。
  2. 色センサーによって、プラスチックボトルを6種類の色(透明、緑、茶、青、黒、およびそれ以外)に識別する。
  3. プラスチックの材質と色の識別情報を掛け合わせることにより、例えば透明PET、緑PET、塩化ビニル製ボトル、その他のボトルといった選別ができる。
  4. 処理量は7200本/時間(2本/秒)の高速処理ができる。
 また、本選別装置は、2000年9月に広島県福山市、2002年4月に大阪府門真市に納入し、実稼動を開始しています。なお本技術は昨年7月にIUT社(オーストリア)に技術供与を行っております。

 以上のような技術的な新規性および具体的な成果が認められ、今回の受賞に至りました。
 今後は、現状技術のさらなる性能向上に努めるとともに、幅広い廃棄物のリサイクルのニーズに対応して行きたいと考えています。


ご参考
○日本産業機械工業会について
社団法人日本産業機械工業会は、1948年産業機械協会として設立され、1967年から社団法人となり今日に至っています。
鉱山機械、化学機械、環境装置、動力伝達装置、タンク、業務用洗濯機、ボイラ・原動機、プラスチック機械、風水力機械、運搬機械、製鉄機械等の産業機械の生産体制整備ならびに生産の合理化に関する施策の立案及び推進等を行っています。

以 上


本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
NKK秘書部広報企画グループ
TEL. 03(3217)2138


戻る



  Copyright (C)2002 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって