Press Release

 2002年 7月29日

 有限会社ディーエムイー開発

 NKK
 日本酸素株式会社
 豊田通商株式会社
 株式会社日立製作所
 丸紅株式会社
 出光興産株式会社
 国際石油開発株式会社
 トタルフィナエルフ
 エルエヌジージャパン株式会社

100t/dDME直接合成パイロットプラントプロジェクトを開始

−直接合成技術によるクリーンエネルギー
DMEの大量・安価な製造技術本格開発に着手−



 有限会社ディーエムイー開発は、ジメチルエーテル(DME)の直接合成技術の本格開発を国の補助事業として開始することになりました。
 本事業は、天然ガス等から製造する合成ガス(一酸化炭素、水素の混合ガス)から、100t/dのDMEを直接合成するパイロットプラントの運転研究をおこなうとともに、その成果を元に2,500t/d規模の商用プラントを想定したDME製造のフィージビリティスタディ(F/S)を実施し、DME直接合成技術の確立を図るものです。平成14、15年にかけパイロットプラントの設計・製作・建設と試運転をおこない、平成16年から平成18年に運転研究を実施する予定としております。パイロットプラントの運転は最長3ヶ月程度の連続運転を計5回実施し、開発技術の実証、商用プラント設計データの取得を行うことを考えております。
 プラントの設置場所は、NKKなどが中心となって5t/dDME直接合成大型ベンチプラントの運転研究が実施された、北海道釧路地区を予定しています。

 有限会社ディーエムイー開発は、NKK、日本酸素株式会社、豊田通商株式会社、株式会社日立製作所、丸紅株式会社、出光興産株式会社、国際石油開発株式会社、トタルフィナエルフ、及びエルエヌジージャパン株式会社の9社が共同出資し、DME直接合成技術の商用化を目指して、技術開発を推進する事を目的として昨年12月に設立された研究法人です。

 DMEは、多様な炭化水素系原料からの製造が可能であるとともに、燃焼時に硫黄酸化物やばいじんが全く発生しないなどの環境負荷の低いクリーンエネルギーです。また、毒性が低く、ハンドリング性にも優れていることから、民生用燃料(LPG代替燃料)、輸送用燃料(ディーゼル自動車燃料・燃料電池自動車燃料)、発電用燃料(火力プラント・燃料電池燃料)および水素エネルギー源として幅広い利用が見込まれています。この直接合成法によるDME製造は、アジア地域に大量に埋蔵する未利用の低品位炭や、中小ガス田等を有効活用することを可能とし、資源面での制約が少ない新エネルギーとして、地球規模での環境負荷低減及びエネルギーセキュリテイー確保に寄与するものといえます。

 人口が多く、経済成長の著しいアジア地域においては、潜在的には、大きなDMEマーケットが予測されており、次世代新エネルギーとして実用化が期待されています。このような市場のニーズに応えて、今後、本事業によるDME直接合成製造技術の開発を強力に推し進め、DMEの早期実用化を目指します。


100t/dパイロットプラント鳥瞰図
CG


「有限会社ディーエムイー開発」概要

以 上  


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

有限会社ディーエムイー開発
   :研究企画部(TEL 03-3217-2511)
N K K
   :秘書部広報企画グループ(TEL 03-3217-2139)

以上は、過去のプレスリリースをそのまま掲載しています。
有限会社ディーエムイー開発は移転し連絡先がかわりました。
お問い合わせは下記にお願い致します。

有限会社ディーエムイー開発
〒105-0004 東京都港区新橋3−3−9
TEL:03−3502−6671

JFEホールディングス(株) 総務・法務部門(広報担当)
TEL:03−3217−4033


戻る



  Copyright (C)2002 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって