Press Release

 2002年 9月 6日

平成15年3月期業績見通し及び中間配当について



 当社の第149期(平成15年3月期)中間決算、及び年度の業績につきまして、今般その見通しを得ましたのでお知らせいたします。

 当上半期のわが国経済は、輸出は増加しているものの、個人消費や民間設備投資の低迷が続く等、景気は依然として厳しい状況にあります。

 当社といたしましては、川崎製鉄(株)との経営統合を目前に控え、統合効果の前倒しも含め、グループ全体での堅固な収益基盤の確立と財務体質の改善に取り組んでおります。

 鉄鋼事業につきましては、国内需要は厳しい状況が続いておりますが、輸出はアジア等を中心に数量、価格とも改善しております。また、コスト削減につきましては予定通り実施しておりますが、円高の影響等もあり、前回見通しどおりの収益水準にとどまる見込みです。

 また、総合エンジニアリング事業につきましても、官需、民需ともに依然として厳しい状況が続いておりますが、コスト削減により、前回見通しどおりの収益を確保できる見込みです。

 この結果、当中間期および通期の連結業績見通しは、経常利益、当期利益とも前回見通しどおりとなる見込みであります。


(注)前期実績の数値には、ナショナル・スチール社関連の数値が含まれております。


【当社のJFEホールディングス(株)に対する中間配当について】

 当社および川崎製鉄(株)は、両社共同で株式移転による完全親会社「ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社」を平成14年9月27日に設立する予定であります。従いまして、当社からの配当は一般株主の皆様へではなく、JFEホールディングス(株)に対して実施されます。

 当社は本日の取締役会におきまして、本年度の業績見通し、内部留保の状況等を総合的に勘案の上、JFEホールディングス(株)に対して総額60億円の配当を実施する方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。



平成14年度(2002年度)業績見通し補足資料

以 上


本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
NKK 秘書部広報企画グループ
TEL. 03-3217-2140


戻る



  Copyright (C)2002 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって