Press Release

2002年10月15日
 NKK(日本鋼管株式会社)

世界初 自動車外板パネルにSFG45・40キロ級ハイテン採用
― ダイハツ工業(株)殿向けに本格販売開始 ―


 当社は車体の軽量化に対応し、自動車外板パネル用途に優れた成形性と外板適性の高いGA材表面品質をあわせ持つ微細粒型のSFGハイテン(注1)を開発し、実用化を目指して参りましたが、このたび45キロ(440MPa)級ならびに40キロ(390MPa)級ハイテンとして、世界で初めて実生産車の外板パネルに採用され、本格販売を開始致しました。
 採用されたのは、10月に発売のダイハツ工業(株)殿 新ムーヴで、当ハイテンにより外板パネル材(サイドアウター、ロッカーアウター)を今までにない高強度レベルとし、パネル補強材を削減することで車体の軽量化が図られています。

 外板パネル材には優れたプレス成形性と表面品質が要求され、従来のハイテン材は極低炭素IF鋼(注2)をベースにして、Si、Mn、Pなどの強化元素を添加する方向で開発されてきましたが、鋼板強度上昇に伴い、(1)深絞り成形性の指標であるr値の低下、(2)降伏強度(YS)上昇に伴うパネル成形時の面ひずみの増大、(3)合金化溶融亜鉛めっき鋼板のめっき品質劣化などの理由で外板パネル用ハイテンは38キロ(370MPa)級程度が実用上の限界となっていました。
 当社はこれらの問題を解決するため、固溶強化元素の添加だけでなく、結晶粒の微細強化も利用した新しいコンセプトに基づく45キロ(440MPa)、40キロ(390MPa)級SFGハイテンの開発に成功し、ダイハツ工業(株)殿と共同で世界初の実車での採用を目指し、今回実現に至りました。
 今回採用されたSFGハイテンは、次のような優れた性能を持っています。
 (1)軟質IF鋼に匹敵する高いr値を実現。
 (2)従来IFハイテン材より降伏比を低下させ、パネル面精度向上を実現。
 (3)Si、Mn、Pなどの固溶強化元素の添加量低減により、合金化溶融亜鉛めっき鋼板の外板適正のあるめっき品質を実現。
 また、サイドパネル補強材には、当社の100キロ(980MPa)級冷延ハイテンも採用されました。採用された100キロ(980MPa)級冷延ハイテンは、当社独自の水冷却(WQ)方式連続焼鈍プロセス(NKK-CAL)を活用した金属組織制御により、伸び(El)と穴拡げ性(λ)を高度にバランスさせたバラツキの小さい高加工性ハイテンです。これら外板パネルおよび補強部品のハイテン化により、ダイハツ工業(株)殿では、パネル補強材の大幅削減が可能となり、サイドパネル系で約10kgの軽量化が達成されています。

 当社は、これらの特長のあるハイテン材料のメニュー揃えと加工評価技術で、今後とも自動車用ハイテンの総合メーカーとして、車体軽量化ニーズをはじめ、あらゆるユーザーニーズに応えて参ります。

 (注1) Super Fine Grain: 微細粒型IFハイテン
 (注2) Interstitial Free Steel: 微量に含まれる侵入型固溶元素(炭素、窒素)を炭窒化物として固定した鋼

【ご参考】


以 上


本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
 NKK 秘書部 広報企画グループ  TEL 03-3217-2431

戻る



  Copyright (C)2002 NKK Corporation. All Rights Reserved.  ご利用に当たって