• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

主なESG評価

FTSE4Good Index Series、FTSE Blossom Japan Index に選定

FTSE4Good Index Series、FTSE Blossom Japan Index の構成銘柄に選定

JFEホールディングスは、ロンドン証券取引所の子会社であるFTSE Russell社が提供する「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に2年連続で選定されています。両指数にはESG(環境・社会・ガバナンス)について優れた対応を行っている企業が選定されており、サステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されています。また、「FTSE Blossom Japan Index」は、世界最大規模の年金運用機関であるGPIFが採用するESG投資指数の一つです。

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)に選定

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)に選定

JFEホールディングスは、米国MSCI社が提供する「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に組み入れられています。当指数は、ESG(環境・社会・ガバナンス)の評価に優れた企業を選別して構成されるもので、MSCIジャパンIMIトップ700指数構成銘柄の中から多面的に性別多様性スコアを算出し、業種内での上位半数の銘柄を選定しています。また、当指数はGPIFが採用するESG投資指数の一つです。

S&P / JPXカーボン・エフィシェント指数に選定

S&P / JPXカーボン・エフィシェント指数に選定

JFEホールディングスは、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と日本取引所グループが共同で開発し算出・公表する「S&P / JPXカーボン・エフィシェント指数」に組み入れられています。当指数は、環境情報の開示状況や炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準に着目して構成銘柄のウエイトを決定する指数で、GPIFが採用するESG投資指数の一つです。

CDP2020による評価

CDPは、2000年に英国で設立されたESG評価機関(NGO)であり、機関投資家がESG投資に活用するために、CDP質問書として企業にESG情報の開示を求めています。CDPは現在、「気候変動」「水セキュリティ」「フォレスト(森林)」の3つを活動領域としており、それぞれ8段階(AからD-)で企業を評価しています。CDPが収集する情報量は世界最大の規模になっており(日本では現在300社以上が回答)、機関投資家や社会的責任投資のさまざまな指標に広く活用されています。

JFEグループは、CDPレポーターサービスの会員としてCDPの活動に積極的に参画しています。また、気候変動、水セキュリティの2領域の回答を毎年行っており、CDP2020の質問書に対しては情報開示の適正化を徹底し、高い企業評価を得ています。
【CDP2020評価】気候変動:B、水セキュリティ:A-、サプライヤー・エンゲージメント:A-

DBJ環境格付取得

DBJ 環境格付取得

日本政策投資銀行(DBJ)の「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステムにより企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという「環境格付」の専門手法を導入した世界初の融資制度です。2016年3月、JFEホールディングスはこれまでの高度な環境経営の取り組みが認められ、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的と認められる企業」という最高ランクの格付を取得し、同制度に基づく融資を受けました。

SOMPOサステナビリティ・インデックスに選定

SOMPOサステナビリティ・インデックスに選定

JFEホールディングスは、SOMPOアセットマネジメント社が運用する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」(旧:「SNAMサステナビリティ・インデックス」)の構成銘柄に10年連続で選定されています。同指標はESGの評価が高い企業を採用しており、長期的な観点からの企業価値評価を通じて投資家の資産形成に寄与することを目的としています。

DBJ健康経営格付取得

DBJ 健康経営格付取得

日本政策投資銀行(DBJ)独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界初の融資メニューです。

当社は、これまでの健康経営の取り組みが認められ、「従業員への取り組みが特に優れている企業」として最高ランクの格付を取得しました。

健康経営優良法人2021(ホワイト500)に認定

健康経営優良法人2021(ホワイト500)に認定

JFEエンジニアリングは「健康経営優良法人2021」の上位500法人である「ホワイト500」に認定されました。これは、経済産業省と日本健康会議が主催する制度で、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰するものです。

当社は、健康管理システムの導入や全社健康アンケートの実施により、社員の健康意識や生活習慣、健康リスクの変化を経年で把握し、健康経営のPDCA活動を継続的・効果的に実践しています。また、2018年3月には「JFEエンジニアリング健康宣言」を制定し、健康経営の取り組みを社内外へ配信しています。これらの取り組みが評価され、今回の認定に至りました。

当社がホワイト500企業に認定されるのは3回目で、健康経営優良法人には4年連続で選出されています。

キャタピラー社より品質保証認証取得

ゴールド認証の楯を受領(2020年取得時)

ゴールド認証の楯を受領(2020年取得時)

JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)とJFE商事は、コロナ禍の中、Webにて監査を無事に更新し、建設機械メーカーのキャタピラー社より品質保証認証であるSQEP(Supplier Quality Excellence Process)のゴールドクラスの認証を、2021年に5年連続で取得しました。SQEPとは、ISO9001の要求事項とキャタピラー社独自の要求事項を審査し、プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズの4段階の認証を行うものです。ゴールド認証は日本国内で数社しか取得しておらず、高炉メーカーの認証取得は世界初になります。

ESG 以外の外部評価

「DX銘柄2021」に選定

「DX銘柄2021」に選定

JFEホールディングスは、経済産業省と東京証券取引所が共同で発表した「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021」について、DXを積極的に推進する企業として、「DX銘柄2021」に選定されました。

当社は、これまでに、中長期的な企業価値の向上や、競争力強化に結び付く戦略的IT投資の促進に向けた取り組みの一環として、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定した「攻めのIT経営銘柄」に5年連続で選定されています。2020年より、当銘柄は、デジタル技術を前提として、ビジネスモデルを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていく「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に焦点を当てた「DX銘柄」に変更されており、「攻めのIT経営銘柄」を含めると7年連続での選定となります。