• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ダイバーシティの推進


JFEグループでは、ダイバーシティの推進を重要な経営課題の一つと位置付け、変化の激しい経営環境に迅速かつ適切に対応するために、性別、国籍や価値観、異なるライフスタイルなど多様な背景を持つ従業員の能力を最大限に引き出すための取り組みを推進しています。

更に近年、少子高齢化により労働力人口が減少する中、優秀な人材を安定的に確保するため、ダイバーシティの重要性はますます高まっています。

JFEグループ人材マネジメント基本方針策定

「JFEグループは、常に世界最高の技術をもって社会に貢献します。」という企業理念の実現に向け、グループ全体の活動の方向性を示す指針として、第5次中期経営計画の策定と合わせ、2015年4月に「人材マネジメント基本方針」を定めました。グループ各社において、本方針に基づき、実情に応じた具体的な施策を展開していきます。

JFEグループ人材マネジメント基本方針

1. 人権の尊重と公平・公正な人材マネジメントの推進

すべての社員の人権を尊重するとともに、JFEグループ行動規範、企業行動指針の精神を実現する人材を育成し、公平・公正な人材マネジメントを行う。


2. 「 人を育てる企業風土」の醸成と「働きがいのある職場」の構築

双方向のコミュニケーションの充実により、風通しの良い、人を育てる企業風土を醸成し、安全で魅力に富み、働きがいのある職場環境を構築する。


3. ダイバーシティの推進

女性・外国人・高齢者・障がい者等を含めた多様な人材が、その能力を最大限に発揮し活躍できる環境を整える。


4. 優秀な人材の確保および育成の着実な実施

複雑化・多様化する変化の激しい経営環境のもと、グローバル競争を勝ち抜くため、多様かつ優秀な人材を安定的に採用し、技術力・現場力の強化に必要な技術・技能の蓄積と伝承、グローバル人材の育成を着実に実施する。

JFEグループ人材マネジメント基本方針

多様な人材の確保

JFEグループでは、持続的に成長して社会に貢献していくためには「多様な人材力」が必要であるとして、安定的な採用を行うとともに、採用ソースを多様化し、女性・外国人の採用および中途・通年採用を積極的に実施しています。多様な人材の確保は、第6次中期経営計画でも主要施策の1つとして取り組んでいます。

第6次中期採用計画(2018~2020年度)
:1,040名程度
2019年度採用実績
:1,171名
●総合職に占める女性採用比率
:14%(62/442名)
 うち、事務系総合職
:26%(37/140名)
●キャリア(中途)・通年採用比率
:21%(241/1,171名)
 うち、総合職
:26%(116/442名)
 うち、現業職
(事業会社3社合計)
:17%(124/713名)
  • ※ 集計範囲:JFEスチール・JFEエンジニアリング・JFE商事 各社単体

JFEグループの持続的な成長を図るため、安定的な採用を行うとともに、採用ソースを多様化し、女性・外国人の採用および中途・通年採用を積極的に実施しています。

■ 採用の実績(事業会社3社合計)

(2019年度)
  総合職 現業職
一般職
総計
事務系 技術系
男性(名) 103 277 380 640 1,020
女性(名) 37 25 62 89 151
総計(名) 140 302 442 729 1,171
女性比率(%) 26.4 8.3 14.0 12.2 12.9

■ JFEグループの女性採用比率目標

  職種 目標
JFEスチール 総合職事務系 35%以上
総合職技術系 10%以上
現業職 定期採用 10%以上
JFEエンジニアリング 総合職 20%以上
生産・施工技術職 5%以上
JFE商事 総合職 25%以上

■ 従業員の状況(連結)(2019年3月31日現在)

項目 JFEスチール JFEエンジ
ニアリング
JFE商事
従業員数(名) 44,975 9,569 7,498
  男性 39,460 8,280 5,430
女性 5,515 1,289 2,068
管理職者数(名) 11,582 3,170 1,620
  男性 10,916 3,020 1,390
  女性 666 150 230
  女性管理職比率(%) 5.8 4.7 14.2
  • ※ 集計範囲: 事業会社・その連結子会社(スチール:156社、エンジニアリング:56社、商事:101社)

■ 従業員の状況(単体)

項目 JFE
スチール
JFEエンジ
ニアリング
JFE商事
従業員数(名) 15,677 3,847 974
  男性 14,373 3,340 607
  女性 1,304 507 367
管理職者数(名) 2,766 2,284 626
  男性 2,629 2,160 585
  女性 137 124 41
  女性管理職比率(%) 5.0 5.4 6.5
採用者数(名) 937 165 69
  男性 838 142 40
  女性 99 23 29
  定期 783 86 61
  中途 154 79 8
平均勤続年数(年) 16.3 13.6 12.1
  男性 16.1 13.6 12.3
  女性 18.2 13.6 11.8
離職率(%) 2.4 1.2 3.9
再雇用者数(名) 1,004 321 27
年休取得日数(平均)(日/年) 16.1 17.6 12.9
所定外労働時間(平均)(時間/月) 28.1 28.1 26.1
育児短時間勤務者(延べ人数) 148 59 15
派遣社員人数(名) 203 758 12
  • ※ 人員構成は2019年4月1日現在、その他は2018年度の実績
  • ※ JFEエンジニアリング、JFE商事の管理職者数は出向者を含む
  • ※ 離職率:全在籍者に対する自己都合退職者の割合

主な取り組み

JFEスチール

JFEスチールでは従業員と管理職にキャリア支援やマネジメントに関する研修を実施し、多様な人材がさまざまな領域で活躍できる職場風土の醸成を図っています。製鉄所で働く女性社員も増えており、現業職の女性は350名を超えました。近年は、グローバル化戦略に対応した人材を確保するため、外国人の採用も積極的に行なっており、上司向け研修等を実施するなど、外国籍社員が働きやすい環境づくりを推進しています。また、事業所内保育所の開設を進めており、2019年4月には東西製鉄所のすべての地区で設置が完了しました。加えて、社員向けの介護セミナーの実施など、育児や介護をしながら働く社員を支援する体制づくりや取り組みも推進しています。

JFEエンジニアリング

JFEエンジニアリングでは、異業種経験者など多様な個性や価値観をもつ人材の採用を積極的に行っており、年間80名規模のキャリア採用を行っています。また、海外グループ会社のナショナルスタッフを国内に常時80名程度受け入れており、文化風習の違いを超えてお互いに理解し合う風土も醸成しています。さらに、マネジメント層へのダイバーシティに関する意識啓発、女性社員へのリーダーシップ研修や講演会の機会提供にも取り組んでいます。

JFE商事

JFE商事では、女性従業員について管理職への登用、一般職の職域拡大や職掌転換で活躍の場を拡大するとともに、育成プログラムの充実などでキャリア開発を支援しています。

海外拠点の現地採用従業員については、幹部への登用を目指し日本でのマネジメント研修実施などグローバルな人材育成や交流を推進しています。

働き方については、在宅勤務制度や退職者の復職制度の導入、介護支援策の拡充、有給休暇の取得促進など従業員が働きやすい環境を整備しています。

女性の活躍推進

JFEグループでは、経営トップの意思表明のもと、女性従業員の積極的な採用や法定を大きく上回る育児支援制度の充実、ダイバーシティ推進室による研修・啓発活動など、女性の活躍を推進するための様々な施策を展開しています。

トップメッセージの発信

JFEグループでは、トップ自ら率先して女性の活躍推進について表明することにより、社内外に「女性がいきいきと活躍できる会社」であることを発信しています。


JFEホールディングス代表取締役社長が、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同し、女性社員のさらなる活躍推進を表明するなど、社内外に「女性がいきいきと活躍できる会社」であることを発信しています。


輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言

女性管理職登用に関する数値目標

JFEグループでは、女性従業員の積極的な採用や法定を大きく上回る育児支援制度の充実、研修・啓発活動の展開など女性の活躍を推進するためのさまざまな施策を展開しています。JFEグループは2020年に女性管理職の人数を2014年度比で3倍とする目標を設定しています。2014年8月末時点のJFEホールディングスと事業会社3社合計の女性管理職の管理職全体に占める人数は94名(1.8%)でしたが、早期の管理職登用の拡大を推進した結果、2019年4月に目標数を達成しました(310名、5.4%)。

女性管理職数推移と目標

ダイバーシティ推進室の拡充や人事制度等の整備

ダイバーシティを着実に推進するため、各事業会社にダイバーシティ推進室を設置し、階層別研修や女性交流会などの啓発活動、事業会社間での好事例の水平展開、グループ共通の取り組みなどを展開しています。

ダイバーシティ推進室の拡充

働き方改革、ワーク・ライフ・バランスの推進

これまでの働き方を抜本的に見直し、高い生産性で新たな価値を創造しながら、
社員一人ひとりが仕事に誇りと働きがいを感じられる働き方の実現が不可欠です。
社員一人ひとりの柔軟な働き方を実現することで、多様な人材がその能力を最大限に発揮できる環境を目指します。

JFEスチール

ワークスタイルを変革する制度

製造基盤整備や海外展開などの経営課題に対応すべく、さらなる生産性向上を図るとともに、働き方に対する社員ニーズの多様化といった課題への取り組みを加速していきます。具体施策として、個人別定時退社日の設定をはじめ、勤務間インターバルや在宅勤務制度、有給休暇取得の促進などの施策を通じて、マネジメント層を含めた従業員の意識改革を促し、社員一人ひとりが持てる能力を最大限に発揮できる組織風土をつくり上げていきます。

またライフイベントや自己啓発、ボランティア時などに取得できるワーク・ライフ・バランス休暇制度を導入しています。

  • ※ 勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息期間」を設けることで、社員の生活・睡眠時間を確保する制度
JFEエンジニアリング

「 柔軟な働き方」をめざして

「早く出社して早く帰る」風土の醸成に向けて、就業時間を8時~16時45分に定め、20時以降の残業を原則禁止としました。あらかじめ上司と話合いの上で休みの計画を作成する「休み方計画表」の活用や、有給休暇の取得奨励日、定時退社日の設定も推進しています。また、より柔軟な働き方を可能にするテレワーク制度を導入し、提携した不動産会社がもつ全国数十カ所のシェアオフィスで勤務できる環境を整備しています。

2018年度に実施した社員満足度調査の結果を活かし、今後ともさらなる働き方の改革に努めていくとともに、建設業界全体の継続課題となっている建設部門での完全週休2日の実現に向けて取り組みを進めていきます。

JFE商事

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた多様な働き方を支える取り組み

JFE商事ではワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、毎週水曜日の定時退社デーの設定や22時以降の深夜就業の禁止、有給休暇の取得奨励日の設定などを通じて、労働時間の削減に取り組んでいます。

2016年4月からはフレックスタイム制度を拡充し、コアタイムを11時~14時としたほか、育児・介護など時間制約がある従業員向けに在宅勤務制度を導入、また制約の有無にかかわらず従業員が多様な働き方を体感する「チャレンジデイズ」を実施するなど、多様な働き方を支える取り組みも強化しています。

障がい者の雇用

特例子会社「JFEアップル東日本(株)」「JFEアップル西日本(株)」「三重データクラフト(株)」を設立し、障がい者の雇用の推進と働きやすい職場環境の整備に努めています。

■ 障がい者雇用率(各年6月1日時点) (単位:%)

  2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
JFEスチール 2.25 2.24 2.34 2.33 2.41
JFEエンジニアリング 2.01 1.59 2.01 2.14 2.39
JFE商事 2.25 2.11 1.86 2.20 2.62

再雇用制度

JFEグループではベテラン従業員が持つ技術や経験の伝承を推進するため、定年である60歳以降の再雇用制度を導入し、積極的に高齢者の雇用を促進しています。

高年齢者雇用安定法の趣旨に基づき希望者全員が段階的に65歳まで働ける制度を整備しています。

2019年4月時点で事業会社3社合計で1,352名(従業員全体の約7%)の高齢者が活躍しています。

JFEスチール

JFEスチールでは、高齢者のワーク・ライフ・バランスも考慮し、フルタイム勤務に加え、短日数勤務を希望することができます。

JFEエンジニアリング

JFEエンジニアリングでは、60歳の定年退職後も継続的に働くことができる「スキルド・パートナー制度」を設け、就労希望者を再雇用しています。

JFE商事

JFE商事では、高齢者のワーク・ライフ・バランスを考慮したフルタイム勤務、短日数勤務および短時間勤務と多様な勤務形態が選択できます。

性的マイノリティ(LGBT等)の尊重

JFEグループでは、人材マネジメント基本方針に「ダイバーシティの推進」を掲げ、人権啓発研修や階層別研修等を通じて性的マイノリティも含めた多様性を受容する風土の醸成を推進しています。
また、全社員に配付するコンプライアンスガイドブックにて性的マイノリティについても取り上げ、社員の理解を促しています。

JFEグループCSR報告書 ダウンロード