• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEホールディングス株式会社

「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021」への選定について

当社は、6月7日に経済産業省と東京証券取引所が共同で発表した「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021」において、DXを積極的に推進する企業として、「DX銘柄2021」に選定されました。
2020年より、当選定プログラムは、デジタル技術を前提として、ビジネスモデルを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていく「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に焦点を当てた「DX銘柄」に変更されており、当社は、「攻めのIT経営銘柄」を含めると7年連続での選定となります。
今回は、鉄鋼事業におけるIoT・AI・データサイエンス(DS)等の積極的な導入によるテクノロジーの革新とデータ資産の活用や、エンジニアリング事業におけるデータ解析プラットフォームや独自開発したAIエンジンの活用など、様々なDXの取り組みが評価されました。

JFEグループは、経営上極めて重要な課題に対し、DXを積極的に推進することでグループ全体の競争力を飛躍的に高め、安定的な収益基盤を確立し、環境変化に柔軟に適応できる強靭な企業体質の構築を図っています。これからも、持続的な成長と企業価値の向上に取り組み、『お客様に世界最高の技術とサービスを提供するグローバル企業』の実現を目指していきます。

 
(DX銘柄選定ロゴ)

(DX銘柄選定ロゴ)

 

今回、当社が同銘柄に選定された、主な取り組みは以下の通りです。

 

【鉄鋼事業】 :DX推進拠点「JDXC」を開設

データサイエンスおよび最新ICTを活用した全社DX推進拠点として「JFE Digital Transformation Center」(以下、「JDXC」)を本社に開設しました。全製鉄所、製造所の操業データを統合的に活用できる環境を備えた国内鉄鋼業界初の拠点です。

・「JDXC」の機能・目的
①操業データの各工程での連携、地区間の共有化など、統合的な活用により、生産性向上、コスト削減等を推進
②製造プロセスのサイバーフィジカルシステムの標準化による操業技術のレベルアップ
③全社データサイエンティストの知識と経験の共有、課題解決を通じた個々人のスキルアップ

各地区製造設備の遠隔監視なども可能となるため、装置産業向けソリューション提供ビジネスにも繋げていきます。

 

【エンジニアリング事業】:既存ビジネスの付加価値向上と新規ソリューションビジネスに挑戦

・既存ビジネス
データ解析プラットフォーム「Pla’cello®」でプラント等の収集・蓄積データを分析し、「廃棄物発電プラント完全自動運転システム」や「バイオマス発電プラントにおける異常予兆検知」 などで活用しています。
・新規ソリューションビジネス
「ダム最適運用システム」は、独自開発したAIエンジン「WinmuSe®」と北陸電力株式会社のダムに関するノウハウを活用し、過去の降雨量や水位から将来の流入量を高精度に予測します。実証実験では、水力発電電力量の増加(年間発電量 約500万kWh)が見込まれることを確認しています。

 

【関連URL】

〇鉄鋼事業

・DX推進拠点「JFE Digital Transformation Center」を開設

・MR(複合現実)技術を活用した訓練シミュレータの導入~熟練技術の若手社員への伝承を推進~

 

〇エンジニアリング事業

・AIを活用した「ダム最適運用システム」の共同開発

・ごみ焼却炉の完全自動運転システム ~高機能版「BRA-ING(ブレイング)」を提供開始~

・プラント統合運営システム「J-Answer」を提供開始

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEホールディングス(株) IR部広報室 TEL:03-3597-3842

ニュースリリースへ戻る