• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEホールディングス株式会社

JFEグループのCO2排出量削減目標について

JFEグループは、地球規模の気候変動問題の解決を重要なESG課題の一つと位置付け、これら社会問題の解決と当社グループの持続的かつ安定的な成長による企業価値の向上に取り組んでおります。そうした中で、本年を気候変動対応推進の節目の年と位置付け、当社グループとしてのCO2削減目標を掲げることを決定しました。

具体的には、グループのCO2排出量の大部分を占める鉄鋼事業において、2030年度のCO2排出量を2013年度比で20%以上削減することを目指します。また、日本鉄鋼連盟の低炭素社会実行計画には、これまで同様、主体的に参画していきます。個社として可能な限りのCO2排出削減を実現するため、新たにJFEスチール社長直轄のプロジェクトチームを立ち上げ、CO2関連の諸課題への対策方針を策定し、既存技術や革新的技術等を最大限に活用した実現可能なCO2削減シナリオを検討していきます。

エンジニアリング事業においては、廃棄物やバイオマスによる発電、太陽光・地熱発電などの再生可能エネルギー事業により年間約400万トンのCO2削減に貢献しており、この取り組みをさらに拡大していきます。また、お客様の拠点を一括管理する体制を構築しており、エネルギー消費実態を分析することにより、エネルギー最適化を実現しています。今後も、事業活動を通じて、社会全体のCO2削減に貢献することを目指しています。

商社事業では、電動車用のモーター等に使用される電磁鋼板をはじめとした環境配慮型商品をお客様のニーズに合わせ提供しています。さらに、再生可能エネルギー市場においても、最適な鋼材をお客様へご提案するとともに、バイオマス発電燃料であるパームヤシガラや木質ペレットの供給にも注力しています。このような幅広い取り組みを通じて低炭素社会の実現に向けて貢献してまいります。

長期的には、社会全体の脱炭素技術インフラの整備が進むことと合わせて、2050年までのできるだけ早い時期に、カーボンニュートラルを実現する新技術のメニューが提示可能となるよう、研究開発を加速させ、2050年以降のできるだけ早い時期にJFEグループのカーボンニュートラルを実現すべく、取り組んでいきます。

以上の内容については2020年9月24日発行予定の統合報告書、2020年9月末発行予定のCSR報告書において詳細を掲載しますので、ぜひ当社のホームページからご覧ください。

「JFEグループは、世界最高の技術をもって社会に貢献します。」という企業理念の元、CO2排出量の削減を含む環境問題の解決と持続可能な社会の実現に向けて、引き続き積極的な取り組みを推進してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEホールディングス株式会社 IR部広報室 TEL:03(3597)3842

ニュースリリースへ戻る