• 採用情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

株主・投資家との対話

1. 基本的な考え方

当社IR活動においては、正確、公正かつ適時・適切な情報開示と積極的なコミュニケーションに努めています。
国内外の株主・投資家の皆様との対話の責任部署としてIR部を設置し、建設的な対話を促進するとともに、得られた情報を経営にフィードバックするなど、信頼関係の維持・向上に努めます。

 

2. 主なコミュニケーション手段と頻度等

2020年度実績

主なコミュニケーション手段等 頻度(/年間) 規模
定時株主総会(招集ご通知、決議通知など) 1回 約15万人(単元株主数)
インベスターズ・ミーティング(決算および中期経営計画等) 5回 延べ約600人
個別トピックス説明会(ESG説明会、DX説明会等) 随時 延べ約300人
個人投資家向け会社説明会(オンライン開催) 4回 約1,500人
株主工場見学会 ※1 23回 約1,800人
株主通信(JFEだより)の発行 2回 約22万部/回
統合報告書、CSR報告書等の各種報告書 ※2 1回 約2万5千部
ホームページによる情報発信(株主・投資家向け情報)等 随時  

※1 2019年度実績を記載。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止により中止。尚、2021年度はオンライン工場見学会を開催。

※2 部数は統合報告書の発行部数を記載。CSR報告書はWeb公開のみ。